牟礼ヶ岡レポート(3) 【水】稲荷川へ 源流 アベ木川

<稲荷川へ 源流 アベ木川>
アベ木川。
「アベ」は木へんに青のような字です。

牟礼ヶ岡の北西部の水を集めます。

島津ゴルフ場入口ゲートの少し手前、
旧「奥吉野島津の森」の谷下へ流れ出ていたのがアベ木川の最源流です。
島津の森にはソーメン流しなどがありましたが現在は閉鎖中で看板だけが残っています。
ちなみにここから牟礼ヶ岡への登山道に入ると途中で何度か水を渡ります。

水は島津興業山林部の事務所の下に流れ出て赤滝を落ちます。
(赤滝の横に朽ちた東屋が残っていますが行くのは危険)
滝下で三井NTの崖下を沿って流れ、岩盤から出た水と一つの湧水を加えます。
岩盤からの水は時々汲みに来られる方がいらっしゃいます。

そこから新日本科学の下、倉谷地区の田んぼを通り
更に別の一本の流れを加え高速道路下をくぐって宮小学校下に出ます。

ここで宮小学校横の流れと合流。
竹やぶの中の大堰堤を落ちて宮八幡神社の前の三叉路のところに出ます。

ところで、このアベ木川は近ごろ建てられた看板では「稲荷川水系稲荷川」となっています。
つまりこの川が祇園之洲や石橋公園に流れ出る稲荷川の正式な源流という認識ですね。

源流の詳しい定義は知りませんが
どれが源流なのかは今や水量などでは判断できないのが現実でしょう。

実地調査による図。
abeki-riv.jpg
山太郎ガニ、メダカ、カワムツなどがいます。小魚を狙う鳥もよく見かけます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。



−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック