牟礼ヶ岡レポート(5) 【水】海へ 稲荷川

<海へ 稲荷川>
実地調査による図。
inari-riv.JPG
中流域にはカワムツ、鯉などがいます。カモの親子連れもいます。

吉田インターチェンジ横の宮八幡神社の前で
前述のアベ木川と牟礼谷川が合流します。
(図のAとB)

どちらの源流も牟礼ヶ岡に端を発する川でした。
私としてはここからが稲荷川と思っています。

合流後は高速道路下を縫って流れ
合鴨農法で有名な下田の田んぼ、巌洞(ガンドウ)、実方橋などを通って行きます。

そこから落差をつけて滝之神の谷間に落ちます。
かつてはこの付近にソーメン流しもありました。

稲荷町、清水町へ出て石橋公園横、祇園ノ洲、錦江湾へと注ぎます。
河口にはいろんな海の魚がいます。

牟礼ヶ岡と離れましたので次でまた戻します。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック