牟礼ヶ岡レポート(6) 【水】竜ヶ水へ

<竜ヶ水へ>
inari-riv.JPG

牟礼ヶ岡の東部は崖で、直下は10号線沿いの海です。
つまり東側の水は竜ヶ水方向へ落ちます。
(図のCとD)

竜ヶ水は86水害を思い出すところですが
あの崖を見ても砂防ダムは必要ですね。

寺山あたりの崖の水は恐らく
心岳寺跡(現在の平松神社)の横へ流れ出ているのがその最たるものでは。
心岳寺跡の左奥へ土手を上がると砂防ダムがあり
結構な水量があり堰堤上には水が溜まっています。
見たところ、水鳥の憩いの場となっています。

牟礼ヶ岡とは少し離れますが
上ノ原地区の崖の水は竜ヶ水駅のあたりへ落ちます。
(図のE)

上ノ原地区から龍水小(りゅうすいしょう)へ
崖を下りるかつての通学路(現在遊歩道)には
途中、岩場から水が流れ出て道を壊している箇所があります。
蛇口付きのタンクも残っています。
下りていくと右手下に砂防ダムが見えますが、
86水害の際に壊れた砂防ダムはここの一つのみだったそうです。
その下に龍水小跡、竜ヶ水駅、そしてその横に蕎麦屋です。

ちょっとその蕎麦屋の話しを次に挟みます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック