牟礼ヶ岡レポート(12) 【道】東目筋 関屋谷(1)

<東目筋 関屋谷(1)>
関屋谷。
セッキャンタイ。

ミステリアスな地域です。
関所があったとか、山城があったとか、
生きながらにして死後の供養をする信仰があったとか。

この谷へは
吉野町の横山記念病院近くから道の下をくぐって降りる方法と、
宮之浦町の南九州国分株式会社の前から山中に入る方法、
そのすぐ近く関屋口渓谷の看板筋から道路を下る方法があります。

最初の2箇所の入口には案内板が出ていて徒歩です。
最後の方法は車で入れますが半分から先は徒歩です。

以降、横山病院側から入る場合の話をします。

ちなみにこの入り口のあたりはかつて
花火工場と南国バスの車庫があり、
その先の道はずっと砂利でバスも通っていませんでした。
花火工場は大事故の後、病院にとって変わりました。
谷の下にはもう一つの花火工場があります。

横山病院前のバス停脇から道の下にもぐり込む筋に入ります。
入るとジメジメした急な下り坂となり
降りきると平地となり竹林が見えてきます。

東目筋としては降りてすぐの辻を左手に入って
観音様などを拝みながらコンクリートの道路に一旦出るのが筋です。

ですが初めてでしたら、
辻を曲がらず少し先に行くと右手上に石塔群が見られますので是非。
間伐された竹林の中にも古い墓や井戸跡、廃屋などがあります。

稲作と、わらじなども作って生計の足しにしていたようですね。
一部は谷より上のほうに移り住んだらしいです。
そういえば谷の周辺には「関」の字の入る姓の方がおられます。
ここらへんには頭の良い家系がいくつかあったように聞きますけど。

そのまま直進しても山に埋もれるだけですので
程ほどに辻の所まで引き返して下さい。

実地調査による図。
sekiya-vll-n.jpg
青線が東目筋、赤線は便宜上使用できる道、黒線は参考にする道。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック