牟礼ヶ岡レポート(16) 【道】東目筋 関屋谷を出て白銀坂の下り口へ

<東目筋 関屋谷を出て白銀坂の下り口へ>
sekiya-vll-n.jpg
青線が東目筋、赤線は便宜上使用できる道、黒線は参考にする道。

関屋谷を出た所は南九州国分KKの目の前です。
そこから島津ゴルフ場方向の白銀坂入口までを書きます。

南九州国分KK前を三井NT方向へ少し上がるとカーブがあります。
このカーブは二重のカーブになっていて奥の方のカーブへ歩いていくと
人家横に筋があり「東目筋」の看板が立っていますので、ここから入ります。

人家脇を通り山手に入ると獣道のような道になります。
右手眼下には沢(牟礼川の主要な流れの一つ)が見えます。
しばらく上ると昔ながらの貯水タンクがあり、さらに上って行きます。

すると左手に幅の広い道跡が現れ、これが東目筋です。
この東目筋は途中でカーブしますがカーブの所にも「東目筋」の看板が立っています。
ただ、このまま上がっていくと三井NTの壁に当たり行き止まりとなってしまいますので
左手か右手へ上がって車道に出ることになります。

普通は左手へ踏み跡を上がって団地入口バス停のガードレール裏に出ます。
ガードレール伝いに車道へ出て東目筋へ出ます。
右手へ上がる方法は少し強引に山を登って車道に出ます。
ちょうど車道のヘアピンカーブの所に税の看板がありガードレールが切れていますので
頭上の車の音などを頼りにそこから出ることができます。

上がると目の前は牟礼ヶ岡。
ここからは快適です。

牟礼ヶ丘に沿った車道を島津ゴルフ場方面にひたすら歩きます。
これも東目筋です。
今後の為にいくつかある登山入口を確認しておくのも良いでしょう。

途中左手に「知識兼雄の墓」がありますので参ってみて下さい。

ゴルフ場が近くなると左手に「島津の森」跡、
つまり稲荷川の源流のアベ木川の始まるところを通過します。

直進、ゴルフ場入口のゲートを抜けて上って行くと
右手に「白銀坂」の下り口です。
higashime-rt.jpg

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック