牟礼ヶ岡レポート(17) 【道】東目筋 白銀坂

<東目筋 白銀坂>
白銀坂(しらかねざか、しらかねのさか)。
牟礼ヶ岡の北東部を重富方向に降りる道です。
もちろんこれも東目筋。

既に有名なので詳しくは書きませんが
だいたいが石段になっていますが
階段に歩幅が会わないと少々ぎこちなくなります。
苔で滑りやすい箇所もあるので注意して下さい。

坂の中ほどでは気持ちの良いアップダウンもあり
水場や椅子もあるので有難いです。
そこを過ぎると傾斜がきつくなり一気に重富まで降ります。

少し前に、坂の近くに「JTの森」というのができたようですね。
いつか、ガタイのいいお兄さんが建材の丸太をせっせと担いで坂を下っていました。
大変だったでしょう。

higashime-rt.jpg
登る場合は最初の30分が息が切れます。

これでひとまず話は終わりですが
現代的な話も次にしておきます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック