フライのバランス

<フライのバランス>
個人的なフライバランスへのアプローチです。

フライを巻く時、これが何本、ここが何ミリ、そういう事ではなくて
このボディが飛ぶための羽の長さ、このボディが泳ぐための下半身の節、
このボディを引きずって歩くだけの足の強さ、そういう事を想像して巻きます。

生き物には進化の過程で出来上がったバランスというのがあります。
そして水生昆虫のバランスはそれを食べる魚がよく知っています。

魚は人間が定規で測るよりずっと早く的確にバランスを見抜きます。
fly-balance.jpg

毛針としては、浮き方とか流れ方のバランスも考える必要があります。
流れを無視したバランスは無視されるか、一発で嫌われますね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック