虫の一夜漬け(3) カゲロウたちの特徴

<カゲロウたちの特徴>
幼虫に続いて今度は羽化後の成虫の特徴を書いてみます。

・翅の模様
 紋      - 翅に斜めの黒線
 L紋平田  - 翅にL字の黒線。
 前黒姫二尾- 翅の前部に黒模様。

mayfly-mon.jpg



・翅の枚数
 小- ニ枚。(四枚でも後翅二枚が極小)
 他は四枚。

・尾の本数
 ちら- ニ本。(羽化前は三本)
 ニ尾- ニ本。(羽化前は三本)
 平田- ニ本。(羽化前はニ〜三本)
 小  - ニ本。(羽化前はニ〜三本)
 他は三本。

「もんはん、ちらふた、ひらたこ」でいうところの

翅は最後の「こ」だけ二枚。あとは四枚。
尾は「もんはん」が三本、残りの「ちらふたひらたこ」が二本と覚えます。

mayfly-tail-n.jpg


・体色
 赤斑 - 朱色。
 黒斑 - 黒色。
 ちら - ちョコレート色。
 黄色川- 黄色。(体も翅も全部)

・オスメス
 オス- 尻先にメスをつかむ爪あり(交尾用)
 メス- 爪なし


今回も大雑把でしたが、詳しいことは虫を見つけてからでいいでしょう。
カゲロウはとても古くから地球上に存在している生物なのですが
種類も多く研究はまだまだ追いついていないのが実状のようです。

つづく


昆虫の進化については以前こちらに書きました。

※宮下力さん、田代忠之さん・法之さんの書籍をおすすめします。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック