甲殻類のフライ Lnコンク

<甲殻類のフライ Lnコンク(Conch)>
先日のフライの巻き方です。

浅場を通りながら底の甲殻類を漁る魚向けです。


下準備は簡単に説明。

フックの上にチェーンボールアイ、
テールに少し張りのあるものを水平に取り付けます。(レインボーティンセルなど)

チェーンボールアイは目玉の間をタスキ掛けにした後
それぞれの目の根元に数回スレッドを回すとより安定します。
目玉の間とテールの根元に瞬間接着剤を一滴づつ。

テールはフライが着底した際の底への押さえになります。


つづきまして・・

目玉とテールの間に黄色のラメ糸を巻き、そのまま目玉の間にもタスキ掛け。
LnCrabSeviche-01.jpg

フックを逆さまに挟み直します。(ロータリー式のバイスはヘッド回転)
LnCrabSeviche-02.jpg

目玉の根元にスレッドを掛けます。
LnCrabSeviche-03.jpg

1本目のラバーレグをタスキ掛けに固定。
LnCrabSeviche-04.jpg

2本目のラバーレグは少しアイ側へ固定。
LnCrabSeviche-05.jpg

1本目と2本目をまとめて持つと
1本目のラバーレグが下に、2本目のラバーレグが上に出るはずです。
この状態で4本に一度にスレッドを回します。
最初の2回転は軽く押さえる感じで回し、次に絞ります。
LnCrabSeviche-06.jpg

ラバーレグの根元を隠すようにウサギの毛をふんわり数回に分けて巻き込みます。
LnCrabSeviche-07.jpg
LnCrabSeviche-08.jpg

次に暗色系の獣毛をチェーンボールアイの根元に少しキツめに巻き込みます。
LnCrabSeviche-09.jpg
LnCrabSeviche-10.jpg

チェーンボールアイの根元にハーフヒッチを数回してスレッドを切り
とび出た毛をトリミングした後、ラバーレグを任意の長さにカット。
ただし下2本のラバーレグを上2本のラバーレグより長くします。
LnCrabSeviche-11.jpg


最後に針先を手で開きぎみにします。
以上。


テールはカニの口器。
LnCrabSeviche-12.jpg




使い方としては砂底に着底させて、時々引き擦る。
サーフに立って魚の通り道を知ることが先決です。
サイト。

鯉を掛けるのと同じですね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック