マラブーのフォルム崩れ

<マラブーのフォルム崩れ>
吸い込ませる釣りに関連しまして。

マラブーを使ったフライはヒラヒラ揺れて、多くの魚を誘い出します。
反射の度合いや空気の巻き込み具合もいいのかもしれません。


フック頭に一箇所固定しておけばそこから後ろが自由に揺れます。
早く簡単に巻けるフライ。
フックに巻く糸はボディではなく「光る側線」程度に考えればいいです。

しかし、このタイプのフライ。

引いて掛ける前提ならいいですが
ラインを止めた時など下図のようになると魚は絶対に・・喰いません。


marabou-down.jpg


このフォルム崩れを緩和するために
フックを軽量にするとか、ラインタイプを合わせるとか
マツーカフライのように所々をフックに留めるとか
マラブーと一緒にコシのある素材を混ぜ込むなど。


もし絶対にフォルムを崩したくないなら、
フックの軸にマラブー自体をぐるぐる回転させて巻き留めねばなりません。
ハックルを巻く時のように。
この時、光を透過しないフックは「背骨」と考えるのが妥当でしょう。


釣り方次第では、素材の着け方が問題ですね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック