アンドロイドは電気フライの夢を見るか?

<アンドロイドは電気フライの夢を見るか?>
SFです。

ゴキブリにユニットを背負わせ、体液で発電してLEDを光らせたりしてるそうですが。
災害復旧、軍地、農業、環境。


電気カゲロウはどうだ。
枝を乗り越え、水面をかすめ、滝を昇り、遠隔操作で遠くまで飛んでいく。

電気ニンフはどうだ。
手足を動かしながら、あわただしく水中を泳ぎ回り、魚を検知すると妖しいダンスを始める。

電気バッタだってある。


もうキャスティングは必要ない。
タイングも必要ない。できない。
結果、このハイテクフィッシングは子供から大人まで爆発的な市民権を得る。


・・・

昭和の中頃。変態雑誌の切腹写真に魅せられた男がこんな事を書いていた。

 − 汽車が走っているあいだ、乗客は止まっておる。
 − 汽車が止まると、乗客は降りねばならん。

けっこうアナログなんだよな。

血も出れば汗もかく、毛むくじゃらを可愛いと思ったり、人の名前を間違えたりする。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック