テレストリアルフライの注意点

<テレストリアルフライの注意点>
陸生昆虫を模した毛鉤のことです。

他のフライに比べて
一般的にボディがずんぐりしていて丸っこいものが多いです。


terrestrial-break1.jpg

普通のフライはフックの曲がったところで魚の引きを支えますが
テレストリアルフライの場合には、
ボディも引っかかることによって糸を切る危険性が高まることがあります。


図形的に描くとこんな感じでしょうか。
波型はハリスにおける危険の高まりと箇所のイメージ。

terrestrial-break2.jpg

仕事で材料工学を扱う方は
計算ではそうはならないとおっしゃるかもしれません。

犬と「引っ張りっこ」をすればよく分かりますが
綱の先に結び目(こぶ)を作って咥えやすくしてあげると
その動作は急激になり、引きちぎらんばかりに興奮して何度も引っ張ります。

例えば、突然誰かが私の首根っこに傘の持ち手を掛けてきて、
強く引っ張りだしたら私はパニックになります。

前図の波が上下にあらわれているのは、
マスが首振り行動(ヘッドシェイク)をして
毛鉤を外そうとしているものとして見ていただければ。

危険を感じる中、相手が引っぱりやすいものであると分かった瞬間、
本能的に急激な行動をしがちなのは動物であれ人であれ、同じではないでしょうか。

口を使って餌をとらえる者が、口に入った物に対して
それら顕著な行動を起こすことは、生きていく上で自然なことです。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック