スイングという釣り方

<スイングという釣り方>
渓流、本流、海。流れのあるところ。

ラインを下流斜めに投げ込むと扇状に面を嘗め、
フライは流れを横断し手前側岸に向って渡ってきます。

より多くの魚にフライをアピールするという点でとても効果的です。
しかしラインが流れに押され、予想外のスピードでフライが動く事も多いです。



SeaSwinging.jpg


それでも上手な魚はフッキングに至ることもあります。
大抵は喰い損ねたり、スレで掛かったり。
ガツガツ追ってきてフライまで口が届かない場合も。(魚がスレる)


フライの速さを遅くしようとすれば、ラインの張りを緩めないといけないので

魚がいるであろう、魚がフライに気付いたであろう場所にきたら
ラインを若干送るか(たるませる)、竿先をフライ方向に向けるかになります。

最初からラインを流れに乗せてフライを餌場まで到達させれば?
と考える方もいらっしゃるかもしれません。
(まあ、そうやって喰う状況もありますが)

しかし私見としては、
フライが高速で(または低速で)流れを横断することが、魚に食い気を起こさせる要因
となっていると思われ・・。

ですから、

流れに対して魚は縦に喰おうとしている・・
フライは横に動いてくる・・
誘われ出た魚が食べたいという段階にきて、フライの動きが縦に移行する。

これが「スイング」なんだと思っています。

当たり前か。


経験上、海でも意外と餌が小さい時にこれをやると釣れるような気がします。


深みから浮いてくるスイングというのもあります。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック