番手の選択(3)

<番手の選択(3)>
seesaaさんに2度目の容量追加をしてもらいました。

シリーズ最初はこちら


#3/#4指定の竿を例に、間違った使い方を書いてみます。

まず#3/#4という表記は・・
ある程度長く引っ張ってくるなら#3ラインを使用、
比較的短い長さでシュートまでもっていくには#4を使用という意味。
※ライン形状の違い(DT/WF)で2つに分けて表示しているという場合も。


・もし、#4ラインで長く引っ張ってくるとどうなるか。
 あるいは#4ラインで20mを真っ直ぐ前後に投げようとするとどうなるか。



bante-select3.jpg

 振り幅が広くなりティップがお辞儀をします。
 バックキャストではループに丸いたるみが出てしまいます。
 フォワードキャストではターンの調整が難しくなってきます。

 もしお辞儀させないようにしようとすれば、引っ張ってくる長さのほうに制限が出ます。
 物理は知らないですが、物理的にそうなるはずです。
 せいぜい15mまでか。


・では、#3ラインで短く前後させてキャストするとどうなるか。


 まず、竿の先はどうして細くなっているのかを考えてみます。
 弾力のある素材で先細りになっている棒、なっていない棒、
 一応どちらもキャスティングは可能ですが、
 しかし先細りのほうが楽に遠くまで飛ばすことができます。

 な〜んでか?

 それはねー、棒の先が細くなることによって、
 その先端が腕の運動スピード以上の速さで返るようになるからだよ。


 前準備として、バックキャストなら前方へ倒れこむ、
 フォワードキャストなら後方へ倒れこむ、
 その反動として返りのスピード(トルク)が生まれます。

 そこで短い#3ラインで投げようとすると
 ラインの負荷(重さ)が足りない為に竿先があまり曲がらず、
 必要なスピードでの返り、打ち出しができなくなります。

 竿本来の能力(どのくらい腕の動きを倍増させられるか)が
 発揮できなくなるということですね。

 もしこれを無理に飛ばそうとすれば・・
 バック/フォワード時の腕の動き自体を速くしないといけなくなり、
 これが過ぎると「力で飛ばすキャスト」と呼ばれるキャストになっていく。

 #4のWFライン、#5ラインなら同じ長さで風を切るキャストがきるかもしれません。


また、当たり前のことを書いてしまった?

だけど・・つづく


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
なかなか考えてしまいますね〜
(個人的には)リーダーキャストは必須、ある程度のロングも必要。
どっちかと言えば、負荷ナシでも曲がる竿。
これを使って、「どう長い方を解決するか!」って方向向いてます〜
でー、、Infante76#4には3番乗せてたりする(笑〜
素材(モデュラス)にもよりますね!
アレは・・はなからリーダーキャスト(快適には)不能(笑)
Posted by GOGI at 2014年11月22日 20:42
>GOGIさん
どうもですー。

渓流だとやっぱり実戦的には短い方を優先しますよね。
そこで#4と書いてあれば、指定#4以外に、#3が長く引っ張ってこれるようになっているのが多いのではないかと。(これを実質#3とおっしゃる方がいても変ではない)

これが海などを視野に入れた中番手以上になると、
#6と書いてあれば、指定#6が限界で、上の#7のほうを許容範囲に入れくるように思います。(これをシステム云々の違い等、実質#7だとおっしゃる方がいても不思議ではない)
Posted by Ln at 2014年11月24日 12:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック