シーバス用フライ Lnミノー

<シーバス用フライ Lnミノー>
主にシーバス。アジ、根魚、小物。

(アイ)
チェーンボールはホームセンターで計り売りしています。
大きさ(重さ)は食わせる深さで選んでいます。
色は光との相対で選択しています。(フックも同様)
Ln-Minnow0.jpg
(金)200円/M ⇒170匹分
(黒)350円/M ⇒170匹分


@
下処理は写真のとおり。
目玉の固定はタスキ4回後、両目玉を一度にすくうようにして6回転。
テールに関しては後述の(注意)を参照のこと。
Ln-Minnow1.jpg

A
逆さに挟みなおす。
白糸を目玉寄りに巻きつける。
Ln-Minnow2.jpg

B
黄緑の獣毛を固定。
獣毛の下を糸ですくって持ち上げ、
その糸を写真の位置へ1回転させ、
これを4回繰り返し、ハーフヒッチ2回。
Ln-Minnow3.jpg

C
獣毛の余分をカット。
ここで一度獣毛を180度折り返し、上方へ折り目をつけておく。
Ln-Minnow4.jpg

D
白マラブー(軽く1切り分)を取り付ける。
アイにかぶらないように余分をカット。
Ln-Minnow5.jpg

E
取り付けたマラブーの長さ。
Ln-Minnow6.jpg

F
糸で頭を作りハーフヒッチ5回。糸をカット。
マラブー全体を手で起こしてから自然に降ろし、
フックより少し出る位の長さで後ろをちぎる。
再び獣毛とマラブーをまとめて手で起こし、自然に降ろす。
Ln-Minnow7.jpg

G
頭に瞬間接着剤を1滴。
逆さに見ると印象が違います。
Ln-Minnow8.jpg

H濡らして確認。
余分なマテリアルを除去カット。完成。
Ln-Minnow9.jpg
全長19mm。

(注意)
・獣毛とテールが一直線上になるように。
・細軸フックなら必ずしもテールを付ける必要はありません。
・マラブーは安価な短いものでいいです。
・ボリュームを少し増やせばイカになります。
・画像はヒネリのはいった鉤を使用していますが本来はフライ用ワイドゲイプを。


アイが必要ない時、通常通りフック上面に同じマテリアルを取り付けます。
獣毛は半分ずつに分け、マラブー側面に後から取り付けます。

似たようなフライをもう一つご紹介します。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック