指先より愛をこめて。

<指先より愛をこめて>
フォワードで肘を入れるとうまくいくって事ありますよね。

ティップ硬めの竿、あるいは短い竿に多いと思いますが。

肘を入れるということは、
フォワードへのタイミングをずらすと共に、
若干竿を寝かせた状態からそれを始めるということです。
まあ、竿がそうなら振り方を変えるのは当然。

逆転の発想・・

インデックスフィンガーなら人さし指、サムオントップなら親指。
これらの指は押すだけでなく、竿の傾斜も感じ取っています。
ならば振り方は変えずに、
グリップ形状を変更して指先をだますことはできないでしょうか?


grip-custum1.jpg
@上面に鉛筆で中心線を引く。
Aサイドに2本引く。


grip-custum2.jpg
B平ヤスリで平面にする。
C平ヤスリで深さを出していく。


grip-custum3.jpg
D同様に下面もいくらか修正する。
E目の細かいペーパーで仕上げる。
F残り線を消しゴムで消す。




完成
grip-custum4.jpg
自分が一番楽に振りこむことのできる竿を参考に。


近い内、調査に行きます。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック