反射喰いと視蓋

<反射喰いと視蓋>
しがい。

フライが水面に落ちた瞬間、飛びつくってことありますよね。
あるいはカエルが動くものに飛びつく。

およそ脊椎動物には、
動く物体が視界に入ったときの伝達経路が2つあるそうです。


brain-sigai.jpg


@網膜 → 視神経 → (左右交叉) → 視索 → 大脳皮質の視覚野
A網膜 → 視神経 → (左右交叉) → 視索 → 中脳の視蓋(しがい)
※@とAは互いに連絡を取っているともされる。


人間は主に@。
魚類、両生類、爬虫類、鳥類はAが中心。

「主に」とか「中心」と書いたのは、
本来、脊椎動物は@とAの両経路とも持っていて、
生育や環境適応によって2つの割合が違うそうです。


渓流のニジマスやヤマメ、イワナ。
湖水のブラックバスとかブルーギル。
海だとメバルやヒラメなど。
比較的視界良好な水中にいて、上から落ちてくるもの、上を通るものを常食とするような魚。
こういう魚は視覚で餌を捕らえる事が多いので中脳が発達します。
(フライの巻き甲斐もあるというもの!)

私たちがこれらの魚を掛けるには、
@の伝達方式でAの反応に挑戦するということになりますが、
自然の摂理といいますか、当然Aのほうがスピードは速い。
なので仕掛けや技術で補って「釣れた!」ということになります。


例えば、合わせの練習。
他人に割り箸を落としてもらい、それをつかむ。
あれはAを呼び起こす訓練だろうか。

車を運転中、サンバイザーに掛けていた偏光グラスが突然落下し、
思わずそれをつかんでしまった。これはAではない?

ではこれはどうでしょう。

人間が事故等で大脳の視覚野が破壊されると@の欠損により目は見えなくなる。
しかし中脳の視蓋では見ていて、動くものを手でとらえることができる。

三つ目小僧を思い出しますね。


アクションと見切り



※柳澤桂子さんの書籍をおすすめします。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
果てしない、デスマーチにピリオドを打つべきかということで、
先週、今週とタイムリーに評判の眼科へ、近視、変化なし、
老眼、無し、驚くわけではないが、白内障発覚!
他に失明するような病は無し。

寄る年波には、勝てなかったみたいで、左と右で、
晴れた世間の見え方が違うので、視覚野のチェッでも、異常無し。
脳の見え方の問題らしく、様子見になりました。

頭が過労なのか?
まだ、幻影は見えませぬ。
Posted by くろのぺんた at 2015年06月01日 08:43
白内障は心配ですけど、老眼なしですか、それも凄いな。

私などとっくにフライを巻く時、結ぶ時はメガネを外すことになっています。
世間はまぶしいし、利き目の左ばかりを酷使しているような。

中脳に期待します!
Posted by Ln at 2015年06月01日 11:14
シリアル番号は、まだまだみえますよ。
5/30(土)にみますたよ。ttp://yohoho.jp/

加齢黄斑変性とか、緑内障とか、片目だけになっても、
脳が画像を作るとか?

その前に、脳と精神をアップロードか?

Posted by くろのぺんた at 2015年06月01日 11:39
昼にやってた番組ですか?
CMは見たんですけどね、予約し忘れました。
なかなかこういうのって表に出ると嘘っぽく見られるって思うのは私だけ?

もう立花隆の世界ですねえ。
Posted by Ln at 2015年06月01日 13:46
まいど、ですよ。
しかし、わたしゃも、リーマンですが、
同じようなことをなんちゃってレベルでやっとりますがな。

わたしゃも、生まれも、育ちも、街中ですが、
死生観も違いますし、といっても、狭い地域。

八重洲出版のスカイライン54Bの人↓
ttp://d.hatena.ne.jp/musikusanouen/

マトリックスの世界はあるかも?
それより、ホーキング博士の懸念はあるかも?
兵器の完全自律。それより、桜島か?
Posted by くろのぺんた at 2015年06月01日 15:34
遊び範囲だから楽しいけど、マジならノーセンキュ、みたいな事はあります。

まあ、早かれ遅かれ地べたが近くなってくるもんじゃないでしょうか。
最終的には地中まで入っていくわけですし(笑)

あいや、最近は、エアコン付きの観音開きか?
Posted by Ln at 2015年06月01日 17:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック