保険は必要でしょうか

<保険は必要でしょうか>
最近ペット保険に入りまして。

各社各プラン、書き出して比較してみたわけですが、あっちが立てばこっちが立たず。
加入者の口コミでしか分からない情報もあったりして非常に混乱したのですが
結局、かかりつけの病院が提携している保険会社と契約することにしました。

・病院の支払い時にカードを呈示するだけでその場で割引される。
・会社と病院が直なので請求手続きの必要がない、審査の心配が残らない。
・保険料は若干高め。


A・ビアスの『悪魔の辞典』に保険という項目があります。
家主と保険勧誘員の会話形式で書かれていますが、要約すると・・。

1.家主
 もし保険に加入したなら、
 家が燃えた時に支払った額より多くを貰えるようにしたい。
 その為には保険屋が今の保険料を安くするか補償額を増やすことを期待。

2.保険屋
 家が会社の計算した時期より後に燃えることを想定している。
 もしそれ以前に家が燃えるというなら逆算して保険料を上げる。

3.家主
 家が燃えるなら保険屋の計算時期より早く燃えなければ加入する意味がないと考える。
 そうした場合に保険屋が本当に補償額を払えるのかも怪しい。
 後に燃えるというなら支払う額を自分で貯金していたほうが節約できるとも考える。

4.保険屋
 生活の中でその額を貯金しておくのは難しいと進言する。
 補償額は他の加入者のお金によってまかなわれる仕組みだから大丈夫だと言う。

5.家主
 そもそも家が燃えるか燃えないかも分からないのに、
 もし加入して燃えなければ大損することになるではないかと考える。
 それなら自分もその「他の加入者」の一人になるではないかと考える。

まったく堂々巡り。


悪く言えば、保険屋は自分達ではしっかり燃える時期を想定しているのに、
客に対してはそれ以前に燃えることを信じこませたいわけです。
そうすれば客は支払い額より多くの補償が得られる可能性を想像するから加入する。
「明日、燃えるかもしれませんよ!」(嘘ではない)
「明日、病気になるかもしれませんよ!」(嘘ではない)
その思いの差が保険会社の利益として現れる。

有事の際にまとまったお金が準備できないと困るので加入しておくというのが本質でしょうか。
その時その額を速やかに用意してくれる、そのサービスに対して余計にも金を払うという事。
当たり前か。

あとは個人の確率。(そこが一番難しいじゃないか!)

加入者が儲かるならビルなど建ちませんね。
杭打ちが問題になっています。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
つい先日、保険を使う羽目になりました。こんな高い保険掛けるより貯金の方が。。。
 
と、思っていましたがここから先10年払い続けても黒字になる額の支払いを受けると
、入っていてよかったかな?と思うところです。
 
保険は難しいです。使う羽目にならないほうが良いですしね。
Posted by 必要になったときに身にしみる at 2015年11月16日 23:26
もう、時効でしょう。
とある、水害の時、車をダチのも含めて、5台ほど、バイク1台を
サルベージしました。
うちの3台は、車両保険おりて、サルベージしました。
というか、台数多くて、それどころでなかったのでしょう。
あの代理店やさんも、亡くなりましたな。

まぁ、年金もそうですが、損得ではないと思っています。
釣保険なるものもあるみたいですが、高価なものないだす。
Posted by くろのぺんた at 2015年11月16日 23:46
> 必要さん
誰でも使うときには入っててよかったと思うものなんでしょうね。
10年でも何でも、安心が得られるっていうのもありますね。

ちなみにペットの場合、年齢と犬種。8歳からは実質加入できない。
その歳から病気が増えて会社の支払いが増えるからだと思うんですが。

保険に入るのは元気なうち、あと景気の悪くならないうちに入るのがいいのかも。
Posted by Ln at 2015年11月17日 02:50
> ぺんたさん
すごい話だ。家が燃えて残った柱を倒していくみたいな話。いやそれ以上に悪意を感じる(笑)

そういえば一昨年、玉突き事故の被害者になった時、保険会社を変えました。

「信号待ちで追突されたんですよね?でしたらうちが払うことはありませんから。示談にも絶対応じないで下さい。それからこちらにお電話もしてこなくて結構ですよ」

パンフに事故にあったらまずはご一報をと書いてあったからしたんですが、この対応の悪さ!
逆に加害者側の保険応対がとても良かったので、すぐにそっちの会社に乗り換えましたわ。
Posted by Ln at 2015年11月17日 03:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック