カリマーridge30のセッティング

<カリマーridge30のセッティング>
体内の鬱積を洗い流すべく。

最近、釣りぬきで山に入る時はカリマーのリッジ(30リットル)を使うようにしています。

よく写真やなんかを見ると背中の高い位置に着けているので、
このザックはそういうものだと、私もそうしていました。
なんだかそれがとても良いことのように思えて・・。

昨日、登り1時間下り1時間、山を歩いてみて
私はどうもこのザックの使い方を間違っていたのではないかと。

私にとってベストとは静かに足運びができるということなんですが。

・汗
まず登りですぐに汗をかきました。
リュックが密着しているので背中がベッチョリです。
背中に当たる部分にはクッションが入っていて軽減されてはいるはずなんですが、それでも。
ちなみにクッション裏は発泡素材のパネル(山中でお尻の下に敷くもの)が入っています。

・揺れ
歩くにあたって身体は左右に揺れますが、ぎこちなくなります。
もちろん基本的な収納方法でやってはいるのですが、
身体が揺れると中身の重心が動いてそれを背中で負ってしまう。

よって、
1.前傾姿勢の際、背中に隙間ができるようにしたい。
2.荷物の重心移動と身体の動きをいくらか切り離したい。

「背中の通気性」と「左右の遊び」ですね。

個人的なベストセッティング法。
(荷物を入れて背負った状態、キツメの状態から)

・肩ベルト上部のベルトを緩め、ザック底が腰上に当たるようにする。
・胸ハーネスを自分の脇の間から出るような高さにセッティングする。(大胸筋)
・胸ハーネスを若干強めに絞る。(私は右から左へ差し込むようにも変更)
・肩ベルト下部のベルトを一度緩め、歩きながら徐々に締めていき、
 ザック底の揺れが身体の左右の振れ幅より若干少ないくらいで留める。
・腰ベルトは緩めてつないでおく。(段差、走る時はザック底が腰から離れないように締める)

これで静かに快適に歩けるようになりました。


本家カリマーの動画より。



なまら締めすぎるとサイドポケットのペットボトルさえ取り出せませんぜ。
鹿を10回見ました。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
ストレスチェックがありました。

離島用に、アルミフレームザック、磯歩きにリュックもありますが、
33年前のデイパックと20年前のディパックをいまだに使っていますがな?
80年代、90年代半ばまで、カニ族、蜂族でした。

大昔、帯広市にカニの家が有って、行ってみたら、満員御礼でした。
仕方なく、近くの公園に霧雨の中、街中の野営で官憲を気にしながらでした。
明け方に、野生の北きつねが、
水飲み場でおはようございますをしますた。

ちなみに、勤務時間中の高千穂登山は革靴だす。
Posted by くろのぺんた at 2015年11月16日 19:42
分かります。私も90年代のJANSPORTが愛用品。身体に合います。
けど、荷物が増えるとすぐに入りきらなくなるので、記事のようなことを。
まだ完全に自分のものにはなっていないかな。
次回は調理器具等も入れてみます。

革靴っすか!
Posted by Ln at 2015年11月16日 20:04
ビジネス・シューズはわたすもですが、亡き親父もだしたよ。
Posted by くろのぺんた at 2015年11月16日 23:37
場所によっては底の柔らかいズックで足裏マッサージもいいかなと。
Posted by Ln at 2015年11月17日 02:34
まいど、
好日山荘 マルヤガーデンズは2016年1月24日(日)閉店らしい。
今年になって、たまに行ってはいたが、なんせ、いそがしすぎりおります。

小山自動車、80年代後半、90年代、今は亡き山海堂の本とスピードマインドで、
見た記憶はありました。(山海堂の国産エンジンデータブックなんか、価値でていそうですが、)

ということで、厨房のころのヨロシク、メカドッグなんてのも思い出しました。

金曜日、だちの店に焼酎のみに行ったら、当時GA2乗ってた、別のだちも腰痛で、もうとしみたい。森田勝也名人の極限テクニックは学生のころ読みましたね。
Posted by くろのぺんた at 2015年12月14日 22:42
イオンの登山屋も時間の問題かな。
代わりにLOFTが入るんですかね。

またキャブ車に乗ることがあるでしょうか・・。
世話になってた修理屋さんが言ってましたけど、趣味のくるま、客は年寄りばっかだそうで。
旧き良き時代なんてワードは、これから先、反社会的としてテキストマイニングの対象?
Posted by Ln at 2015年12月15日 00:41
LOFTですか?
今もキャブ車です。
バイクもインジェクションですしね?
高炭素世代のわたすとしては、ロボットカーなんて、
やはり、赤いトラクターがほしいだすね。
Posted by くろのぺんた at 2015年12月15日 18:50
車も音が変わった。幼児が車のことをいつまでブッブというものか。シーシ?ゴーゴ?

明日から冷えこみます。雪スリップ注意。
Posted by Ln at 2015年12月15日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック