ゲンゴロウの絶滅

<ゲンゴロウの絶滅>
源五郎。

県のレッドデータブックが改訂されました。
鹿児島県レッドリスト(平成26年改訂)


県内ではゲンゴロウをはじめ動植物の22種類が
最後の発見から20年が経過し「絶滅しました」という事になりました。
にわかには信じがたいです。
今でもそこら溜池に普通に見られそうな生き物が、
とうにこの世の者ではなくなっていたという事へのショック。
と同時にそれを知らずに過ごしてきた罪悪感。


昨日は『川獺(かわうそ)』というドラマをやっていました。
川獺についてはこれまでこのブログでも記事にしてきましたが
現在、関係機関がその目撃情報を募っている状況です。
ドラマもこの働きかけに一役買うのでしょう。

(2016-03-10) サイエンスポータル
【ニホンカワウソは日本固有の生き物だった DNA解析で判明】
東京農大の佐々木剛(ささき たけし)教授、大学院生の和久大介(わく だいすけ)氏、極地研の瀬川高弘(せがわ たかひろ)特任助教らの研究グループは、1977年に高知県内で捕獲されたニホンカワウソの剥製からDNAを抽出して塩基配列を解析した。さらに中国や韓国、ロシアに生息するユーラシアカワウソのDNAの塩基配列も解析して双方の違いなどを比べた。
その結果、高知県内で捕獲されたニホンカワウソは、約127万年前にユーラシアカワウソから分かれ、その後日本で進化した固有の系統と判明した。一方、神奈川県で捕獲された別のカワウソの毛皮や剥製から採取したDNAの解析では、ユーラシアカワウソの系統の一部との結果が出た。
これらのことから研究グループは、ニホンカワウソは、日本で長い期間に独自に進化した固有の種のほか、約10万年前にユーラシアカワウソから分岐した種も混在していた時期がある可能性があるとしている。絶滅した生物の剥製のDNAは長い年月を経て変性しているために解析が難しかったが、研究グループはばらばらになったDNAを読み取る最新技術を駆使して今回の成果につなげたという。


どうしても渓流の事を考えてしまう・・。
魚だけでなくその他川辺に生息する生き物の存在、意義について、
あまりに暴虐な扱いを開発発展の名の下にないがしろにし、必要とあらば・・(自粛)。

benituchi-kamemusi.jpg
ベニツチカメムシ

返す返すめんどくさい釣人。
ヤマメ釣りたきゃ熊本でも宮崎でも勝手に行けばいいのに。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
この記事へのコメント
夏場に子どもたちと常夜灯めぐって歩くと結構な確率で遭遇しますが?絶滅したんですね。昨年はバタバタしてなかなか行けなかったので見てないですが、最後に見たのは平成26年の8月です。
Posted by ゲンゴロウ? at 2016年03月30日 13:35
ご無沙汰です。絶滅は本種、県内には他にもゲンゴロウ種がいるのでそちらかも?今はゲンゴロウやタガメ、タイコウチなどが飛ぶということも知らないかもですね。今は小学校で観察とかしないのでしょうか。
Posted by Ln at 2016年03月30日 14:12
三月のあたまの寒い頃、市内ハイランドの大型バケツにマツモムシが背面泳ぎしてますた。
人吉当たりの夏の徘徊では、田圃近くの常夜あかり下で見ますが?
Posted by くろのぺんた at 2016年03月31日 11:56
人吉あたりは環境的に問題ないんじゃないかなーと。
タガメの孵化動画を見たら面白いですよ。
Posted by Ln at 2016年03月31日 17:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック