暮雲春樹。


また渓流に行きだしたからかな・・不思議なもので、十数年前に渓流を一緒に釣っていた方々の近況を一度に知る。今もフライを続け、違う方向でフライを極めていらっしゃった。私はこういう性格なんでこの地を出ないけれども、それぞれがフライフィッシングを発信されていること、誇りに思う。それで、いいんだなあと思う。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

ペンペン竿とそうでない竿


近ごろ奥さんが使っているグラスロッド。
2018-05-11Ln1.jpg

ジジくさい事を言うようだけど、あと何年フライをできるか分からんので、最近はいつも使わないロッドを持っていくことにしています。それしか持って行かなければそれを使わないと仕方ないし、ポイントを前にすればどうやってでもそのポイントにねじ込もうとする、それが釣り人ってもの。ロッドの評価はまさにその時です。昔話したある人は、フライロッドを「ペンペン竿」とそうでない竿に別けました。その人にとってのペンペン竿は評価に値しないもので、貰ったとしても使わないとおっしゃっていました。私はどちらかというとそのペンペン竿でフライをやってきた人間で、そういうロッドでフライをおぼえると、釣りのリズムもそれなりになります。
ここのところの変化で、グワーンと曲がるロッドを使いだしました。力を入れてフライを飛ばそうとすると途端に曲がりすぎて、正常にラインが延びなくなるものです。最初は使い方がよく分からんのでストレスがたまるのですが、何かのきっかけで軽くラインを前に押し出すと、力強いループで先端までターンする。ターンしすぎてリーダーとティペットを長くする。魚の大きいのも小さいのもゆっくり出るようになる。手元を上げると鉤がしっかりと掛かっていて、無理せずタメがきく。何だか慌てて釣らなくてもいいような気になってきて、フライ選択も事細かに色んなフライを使いだす。フライが楽しくなる。もう一生戻りたく無くなるんですが、風が吹くと一転、コントロールしにくくなります。このへんは使い分けですね。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

バス釣り番組も大変だ〜。


GWに釣りビジョンの無料放送がありました。「5L ton」というバス釣り番組を見ていて奥さんが「この人かわいいね。」と。(かわいいの基準が分かりません。)「今まで見たバス釣り番組で一番おもしろい!これなら毎週見てもいいかなあ。」ともおっしゃる。
お題(企画・指令)があって、少人数で釣り場を移動しながら、メインとスタッフとの掛け合いが楽しくさせる番組。地方の深夜番組でよくやるタイプの釣りバージョン。半分か半分以上はバラエティですね。で、奥さんがそこまで言うのでネットで調べてみたら変なところに行きつきました。
釣り番組って大変だな〜と思っていたけれど、いやいや想像以上に大変だ。ことブラックバスは一般市民の生活圏と重なりますし、なにか目立つ要素も多いみたいですから。会議の中でも取り上げられることが多いようです。個人的にはこれにメゲずに頑張ってほしいと思います。奥さんも応援してますし。

釣りビジョン 番組審議委員会議事録より議案項目抜粋

(No.32) 2017秋
 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について

(No.31) 2017春
 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について

(No.30) 2016秋
 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について

(No.29) 2016春
 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について

(No.28) 2015秋
 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について

(No.27) 2015春
 議案1 解説放送番組に対するご意見について
 議案2 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について 
 議案3 東北エリアでの番組制作について
 議案4 ブラックバス番組制作にあたっての検討事項
    (水槽に入れたバスの撮影、リリースシーンの番組露出)
 議案5 その他

(No.26) 2014秋
 議案1 番組に対するご意見(クレームについて)
 議案2 つり環境ビジョンの取り組みについて
 議案3 プレジャーボートの取り扱いについて
 議案4 その他

(No.25) 2014春
 議案1 解説放送の取り組みについて
 議案2 番組に対するご意見(クレームについて)
 議案3 プレジャーボートの取り扱いについて
 議案4 その他

(No.24) 2013秋
 議案1 番組に対するご意見(クレームについて)

(No.23) 2013春
 議案1 解説放送への取り組み状況について
 議案2 番組に対するご意見(クレームについて)
 議案3 番組取材上のコンプライアンス問題について

(No.22) 2012秋
 議案1 解説番組の制作・放映の現状について
 議案2 ソフトワームを使用した釣りについて
 議案3 番組に対するご意見(クレームについて)
 議案4 その他

(No.21) 2012春
 議案1 番組に対するご意見(クレーム)について
 議案2 放射能汚染と釣りについて
 議案3 ブラックバスのリリースについて

(No.20) 2011.6
 議案1 番組に対するご意見、苦情について
 議案2 東日本大震災の対応について

(No.19) 2011.2?
 議案1 当社「放送番組の編集の基準」改定について
 議案2 番組に対するご意見(クレーム)について
 議案3 番組「SUGOIアワー112」の放送自粛について
 議案4 釣り人の海でのソフトルアー(ワーム)使用について

(No.18) 2010春
 議案1「スタジオ生番組“五畳半の狼”問題発言について」
 議案2「番組に対するご意見、クレームについて」

※No.18以前はNo.18のリンクよりどうぞ。あるいはURLの番号部分を変更してアクセス。



にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

強酸性の死の川


「渓流で気をつけねばならないのは、温泉などの湧出する地方の川だ。こういう川の水は地下の遊離炭酸が水に溶けて出てきて、水を強酸性にしてしまう。こういう川の下手では水稲などが被害を受けるが、この他、硫黄や銅や鉄分のために、金属イオンが強くなり、水が褐色になるところさえある。魚が棲みそうでいて、なかなか釣れない川は、こういう酸栄養型の死の川であることが多い。」『釣りの科学』森秀人1981

二酸化炭素泉(Wikipedia)

アシッドレインとFF(1-4)


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

遠征ってねえもう。


鹿児島にはヤマメがいないので是非とも近県には遠征しやすいようにしてもらいたい。
(ずいぶんと勝手な言い分だなこりゃ。)

1.釣ってもリリースしかしない釣り人のために「リリース料金」を設けてくれ。
2.遊漁が観光の意味も兼ねるなら、他県人への「観光割引き」をしてくれ。
3.未成年の実子を連れて行く場合の「親子割引き」をしてくれ。
4.未成年の少年少女らに釣りを教える場合の「教育割引き」をしてくれ。
5.一定期間中に差額分を収めて日券から年券に変更できるようにしてくれ。

鹿児島から熊本・宮崎県へヤマメを釣りに行こうとすると以下のようになる。
近くて釣りになりそうな場所を想定すると、熊本でも宮崎でも人吉ICで下りて下道をひた走ることになる。初日は遊漁料を収めてからの釣りになるので朝マヅメができない可能性が大。土地勘がない場所が多いのでアクセスや場所選びに時間がかかる。宮崎都城方面へは高速を使うと遠回りになる上に経費もかかるので(人吉よりもかかる)下道のみで行くことになる。宮崎小林方面へは高速を使うと時間短縮にはなるが経費は人吉よりもかかる。

■熊本遠征 高速料金+遊漁料(成人1人ぶん)

・鹿児島北〜人吉IC
・球磨川水系遊漁券(球磨川・川辺川ともにほぼ全域で使用可)

(平日 軽自動車)
 現金払+日券=4120円
 ETC+日券=4120円
 現金払+年券=8120円
 ETC+年券=8120円

(平日 普通車)
 現金払+日券=4600円
 ETC+日券=4600円
 現金払+年券=8600円
 ETC+年券=8600円

(日祝 軽自動車)
 現金払+日券=4120円
 ETC+日券=3480円
 現金払+年券=8120円
 ETC+年券=7480円

(日祝 普通車)
 現金払+日券=4600円
 ETC+日券=3820円
 現金払+年券=8600円
 ETC+年券=7820円


■宮崎遠征 高速料金+遊漁料(成人1人ぶん)

・鹿児島北〜人吉IC
・河川によって遊漁料は異なる。放流量が多いほど高い。

(平日 軽自動車)
 現金払+日券=2620〜5120円
 ETC+日券=2620〜5120円
 現金払+年券=3620〜7120円
 ETC+年券=3620〜7120円

(平日 普通車)
 現金払+日券=3100〜5600円
 ETC+日券=3100〜5600円
 現金払+年券=4100〜7600円
 ETC+年券=4100〜7600円

(日祝 軽自動車)
 現金払+日券=2620〜5120円
 ETC+日券=1980〜4480円
 現金払+年券=3620〜7120円
 ETC+年券=2980〜6480円

(日祝 普通車)
 現金払+日券=3100〜5600円
 ETC+日券=2320〜4820円
 現金払+年券=4100〜7600円
 ETC+年券=3320〜6820円

少し観光も楽しみながら釣りもしようとすると、地元情報も少ないところに、楽しまないうちからお金だけが先に出ていって、いくら釣れると聞いても鹿児島から遠征する気になれない。特に既婚者・妻子持ちには厳しいど!

※どこか間違ってたら教えて下さい。


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

知らんことだらけ。


奥さんが渓流用のルアーロッドを購入したので、なんとかトラウトを釣ってもうらおうと頑張り中です。とはいえ(何度も書きますが)私はルアーのことは全く知らないので、とりあえず昨日、渓相だけは良いカワムツの川に連れて行って、実際に釣りをしてみてもらいました。

1匹でも釣れればいいかと思っていたのですが、それは甘かった。追ってくるものの魚は掛からない。そしてすぐにスレる。少し浅めだと途端に根掛かりする。(ロストは奥さんのやる気をそぐ最も悪い出来事。恐らくそうなった時点で釣りは中止。ルアーは高いからね。)なので淵から淵へと移動して、投げ方とリール操作とルアーの動きとを練習確認してもらった。(この時点での私の頭の中→なんだかルアーって、大場所しかできないし、一発勝負だし、大変な釣りだなー。)

そうこうしてると私の見ていないところで、奥さんがこの川の主みたいな20cm位あるカワムツを掛けました。で、手元でバレてしまいました。(頭の中→あれだけたくさんフックがついててバレるのかよ。しょーがねえな。)どこで、どうやってその魚が掛かったのか聞いてみると、淵の奥のいちばん暗い所にミノーがポチャンて落ちた瞬間に掛かってたと。(頭の中→むむ、先日の虫としても使えるとはこういうことか!?)結局、掛かった魚はこれだけで、奥さんの行けるポイントは全部やってしまったし、あとはフライで遊びました。

帰宅して色々調べてみると、渓流ではシングルフックが普通みたい。フライもできる浅めの流域では根掛かりが減る。ぜんぜん知らなかった。すべてトリプルフックでやっていました。もしシングルフックでやってたら、もっとルアーを通すところがあったのに、ロストが怖くて奥さん投げたがらなかった。私が悪いです。という事で近くの大型釣具屋へ行ってみましたが、トラウトコーナーなんて初めっから無いですし、海用のアシストフックはありましたが値段が高いので、また例によって自作です。

これは terri pecora というデザイナーがベビー用に開発したトレー?のようで、リサイクルで300円で買いました。タイイングの時にここにフックを出しておいて、その都度1本1本拾いあげるのに大変良いです。おまけに真ん中にはお魚が口を開けてますからね!いいものが作れそうです。
2018-04-22Ln3.jpg

ミノー用はフックが垂直方向に立つように、スプーン用はスプーンの凹み側へ針先が向くように。つまりミノー用とスプーン用ではチチ輪の取付けが90度違う。このような基本的?と思われる事もイマ知った。ミノーの腹につける時、針先をどちら向きに着けるか、それは問題だ。
2018-04-22Ln2.jpg

こちら、釣具屋で見つけた80sのリール。1500円。今時、こんなリールを買う人はどう思われますかね。子供の頃に遊んだ超合金を思い出します。渓流はナイロンがいいそうですね。(これも知らなかった。昨日はPE。)何から何まで知らないことばっかりで、釣れる前から少々疲れています。
2018-04-22Ln1.jpg


にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村