夜釣りで逮捕

<夜釣りで逮捕>
夜釣り侵入禁止無視で27人書類送検。神奈川。

内容を読むとけっこう危ない場所なのでしょうか。
釣りに対する自治体側の理解が伺われます。
私としては事故を未然に防いだと言ってもいいくらいかな。
地元の人にしか分からない事情もあるのでしょうか。

いつもこういった問題が付きまといますね。
おおむね反応は以下のようになるでしょうか。

■釣りをしないひと
排除されて当たり前。

■釣りはするがそのへんのルールは守る人
同じ釣人としてはずかしい。当然だ。

■同じことをした経験のある人
微妙だね。仕方ない。改善策はないのか。

■ルール関係ない人
運が悪かったね。逮捕やりすぎ。

ややステレオタイプか。
ゴミの捨て置き、迷惑駐車などは同情の余地なしという事で。


私が子供の頃、親に連れられて入っていた堤防も進入禁止の看板は立っていました。
そこは当たり前のようによく知られた釣り場であります。
何十年もそういった場所であったのに、
開発や買収によって一瞬にして釣り場が無くなる事が最近よくあります。
そうすると釣人からすると実効支配を見るようなんですね。
それを機に侵入を考慮して作り変えたとしか見えないわけです(笑)
当然といえば当然ですが。

私が初めて海にフライを投げようと思った時も同様に、
そこらじゅう海なのに岸壁までたどり着けないという問題がありました。
たしか沿岸はどこも国管轄ではなかったでしょうか。
間違ってるかもしれませんが、
しかし大抵の釣り場、釣人は陸側からアクセスするので
必然的にどこかの法人や団体の管理所有地を通過することになります。
漁港、荷役、工場・・311以前なら原発もあったかもしれません。

どうなんでしょうね。
大きな声では言いませんが相手をみて判断しているところがあると思います。
こんな言い分に憤慨される方も多いのでしょうけど、そのくらい密接ってこと。
釣人みずから釣り場をつぶすこともないでしょう。
27人とは恐れ入りました。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

ワームがなんじゃい

<ワームがなんじゃい>
行き当たりばったり。

先日、奥さんと港に寄ったところ、ベタ凪ぎ。
フグしかいませんでした。
とりあえず、奥さんはルアー、私はフライで分かれて竿を出していると。

しばらくして奥さんが帰ってきて
「ワームもダメだ。フグも釣れない。」と。
(図@)


gugu-warm1.jpg

投げてみてもらうとフグは一生懸命に食おうとしている。


私「ワームが悪いんじゃなくてテールが長いから掛からないんでしょ?」
私「フグが掛かるまでテールを少しずつちぎってみて。」

妻「ちぎるの?」

既製品を切るという行為に抵抗があるようです。
本やネットを鵜呑みにしているということでしょうか、よく分かりません。
フグ相手だからかもしれません。


しばらくすると
「テールが全部なくなったよ。追わなくなった。」と。(図A)


私「新しいワームを出して、頭を半分、テールを半分切ってみて。」(図B)

妻「新しいのを出さないといけないの?」

私「出して。」

しばらくするとまた戻ってきて
「当たるけど針に掛からないよ。」(図C)


fugu-warm2.jpg


私「テールの付け根が針の曲がった所にくるようにしてみて。」(図D)

妻「ふーん。」



「釣れたよ。」


ストリーマーの急所


釣りは魚との対話が面白いのであって、
カタログどおりじゃ散財するばかりですな。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

サビキフライの顛末

<サビキフライの顛末>
さびく。

撒き餌をしない時でもサビキ針に魚が掛かることがあります。
それならフライにも喰うだろうよ、と考えるのが普通。

自作サビキフライ。(2011)
Ln-SABIKI.jpg
カワハギの魚皮をテントにしています。


使ってみると魚皮が水を含んでペラペラになってきます。
私にはそれが良い感じに思えたのですが、魚の反応としては
そうなる前の硬い状態のほうが釣れました。
なので皮をコーティングしてみたり。

ビーズは無いほうが釣れ、当然バレも少なくなります。(下2つ)
春先のカマス、小物くらいは釣れました。

以上のことからお分かりでしょう。
このフライはストリーマーとして喰われました。
鰹漁師のバケにそっくり。


これでは納得いかず、マテリアルを変えてサビキ鉤に戻したのがこのフライ
こちらのほうがよっぽど釣れます。

【さびく】
追い食いを利用し、少しずつ仕掛けを引くこと。

そういう使い方です。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。