サビキフライの顛末

<サビキフライの顛末>
さびく。

撒き餌をしない時でもサビキ針に魚が掛かることがあります。
それならフライにも喰うだろうよ、と考えるのが普通。

自作サビキフライ。(2011)
Ln-SABIKI.jpg
カワハギの魚皮をテントにしています。


使ってみると魚皮が水を含んでペラペラになってきます。
私にはそれが良い感じに思えたのですが、魚の反応としては
そうなる前の硬い状態のほうが釣れました。
なので皮をコーティングしてみたり。

ビーズは無いほうが釣れ、当然バレも少なくなります。(下2つ)
春先のカマス、小物くらいは釣れました。

以上のことからお分かりでしょう。
このフライはストリーマーとして喰われました。
鰹漁師のバケにそっくり。


これでは納得いかず、マテリアルを変えてサビキ鉤に戻したのがこのフライ
こちらのほうがよっぽど釣れます。

【さびく】
追い食いを利用し、少しずつ仕掛けを引くこと。

そういう使い方です。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

海のワームフライ Lnイール

<海のワームフライ Lnイール(Eel)>
これまで裏起毛フライと呼んでいたものです。

投げてテキトーにアクションをつけておけば
金魚からシーバスまで色んな魚が"咥えてみる"フライです。
そういう意味ではこれは海のファンシーフライといったところかな。

巻き方はミノーを参考にして下さい。


これが完成品。なんとも貧相。
Ln-Eel1.jpg
テールは軸に真っ直ぐ、短く、張りがある。
マテリアルの取り付け位置、ボリューム。
写真のフックはドライ用#14です。


逆さに見る。マテリアルが目玉中心に向かうように。
Ln-Eel2.jpg

濡らした状態。実際このくらいの角度で沈んでゆきます。
Ln-Eel3.jpg

全長17mm。
Ln-Eel4.jpg

反転。
Ln-Eel5.jpg


当初、砂地着底を想定していました。
底をねぐらとする者、底をついばむ者、前傾姿勢で這うように泳ぐ者、その他稚魚。
ラグワーム、サンドイール、シラスのたぐい。


FFによるFFMのためのワーム

フライも生体全体を形作る必要は必ずしもないのかなと思います。
マラブーを桃色や黄色に変えてもいいですね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

シーバス用フライ Lnミノー

<シーバス用フライ Lnミノー>
主にシーバス。アジ、根魚、小物。

(アイ)
チェーンボールはホームセンターで計り売りしています。
大きさ(重さ)は食わせる深さで選んでいます。
色は光との相対で選択しています。(フックも同様)
Ln-Minnow0.jpg
(金)200円/M ⇒170匹分
(黒)350円/M ⇒170匹分


@
下処理は写真のとおり。
目玉の固定はタスキ4回後、両目玉を一度にすくうようにして6回転。
テールに関しては後述の(注意)を参照のこと。
Ln-Minnow1.jpg

A
逆さに挟みなおす。
白糸を目玉寄りに巻きつける。
Ln-Minnow2.jpg

B
黄緑の獣毛を固定。
獣毛の下を糸ですくって持ち上げ、
その糸を写真の位置へ1回転させ、
これを4回繰り返し、ハーフヒッチ2回。
Ln-Minnow3.jpg

C
獣毛の余分をカット。
ここで一度獣毛を180度折り返し、上方へ折り目をつけておく。
Ln-Minnow4.jpg

D
白マラブー(軽く1切り分)を取り付ける。
アイにかぶらないように余分をカット。
Ln-Minnow5.jpg

E
取り付けたマラブーの長さ。
Ln-Minnow6.jpg

F
糸で頭を作りハーフヒッチ5回。糸をカット。
マラブー全体を手で起こしてから自然に降ろし、
フックより少し出る位の長さで後ろをちぎる。
再び獣毛とマラブーをまとめて手で起こし、自然に降ろす。
Ln-Minnow7.jpg

G
頭に瞬間接着剤を1滴。
逆さに見ると印象が違います。
Ln-Minnow8.jpg

H濡らして確認。
余分なマテリアルを除去カット。完成。
Ln-Minnow9.jpg
全長19mm。

(注意)
・獣毛とテールが一直線上になるように。
・細軸フックなら必ずしもテールを付ける必要はありません。
・マラブーは安価な短いものでいいです。
・ボリュームを少し増やせばイカになります。
・画像はヒネリのはいった鉤を使用していますが本来はフライ用ワイドゲイプを。


アイが必要ない時、通常通りフック上面に同じマテリアルを取り付けます。
獣毛は半分ずつに分け、マラブー側面に後から取り付けます。

似たようなフライをもう一つご紹介します。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

ヒネリはいらない

<ヒネリはいらない>
フライ30本ほど、既に下処理を済ませてあるものの、
その後、どうにも手が出ずにいます。

サンプルも数本巻いて完成形は固まっている。
巻こうと思えば巻ける。でも。

30本巻いて30本とも強制的に(自動的に)同じフォルム、同じ強度で巻けなければ。

簡単に少ない手順でしっかりと終わらせるには
どの箇所に何回転のスレッドで巻くべきか見極めなければならない。
基本、誰が巻いても同じにならなけりゃ。

もうひとつの問題はフックにヒネリが入っていること。

相手がシーバスなのでそれなりのフックを釣具屋に探しに行ったのですが、
今、ヒネリの入ってない鉤はあまり人気がないようで、
つい、ヒネリの入ったのを購入してしまいました。

現在巻こうとしているフライは針先が上に出ます。
これがマテリアルの取り付け次第では余計にそれを分けてしまう。

海中でマテリアルが二股に分かれると魚が逃げる。
なのでこれをなんとかカバーしないといけない。
たしか数年前にも同じ経験をしたはずなのにもう忘れている。
やっぱり老後は釣りと健康麻雀だ。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

海の壁ドン

<海の壁ドン>
2014年、今年のFF流行語は何でしょうか。

着水と同時にリトリーブ開始、海面スレスレを引いてきて釣れることがあります。
普通はストーキング的なことをして立ち位置を確保できてのこと。

でもこういう釣りは、なかなか後が続かない。

(当たり前じゃないか、魚も馬鹿じゃない)

確かに。

1匹釣れると同じく追ってきた魚達は違和感を覚えます。
表層なのでこちらの影や動きも見られます。
もう2匹目にはかなり危険を感じるようですね。

そこに繰り返し同じフライを投げる行為は、
ジャングルでライオンが怯えているのにシマウマが草を食んでいるようなもの。

自然の摂理から考えて・・?

フィッシュイーターでさえ危機感を覚えているのに、
喰われる魚(を模したフライ)がそこを平然と泳ぐはずがない。

まあ、近くのポイントを順繰りやって、
アライバル・パッセンジャーを釣りに戻ることもあります。


海面がひとつの壁であることは以前書きました。
しかしそこでの捕食は魚にとってハイリスク/ハイリターンであることは間違いない。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

オープンソースな釣具

<オープンソースな釣具>
自作好きも多いようです。

海釣り関係で時折勉強させて頂いているサイトがあるんですが。
(釣法の垣根を越えて納得できる良いサイト)

先日別件にて質問サイトを覗いていると、そのサイト執筆者様が
ブログに公開した釣具を企業が商品にしたかもしれない、との事で質問されていました。

はたして実際にそうなのかは私には判断できませんでしたが、
もしそういうことが自分達の身に起こったら、という前提で書いてみます。


まずインターネット上に公開した時点で・・という意見があるかと思います。
最初に使ってみた人はオリジナル発案者を知っていても
2人目、3人目がそのことを伝えなかった、あるいは失念していた場合に
もうそれ以降の伝播は「名無しの道具」として一人歩きしてしまうのが現実ということで。

思い出したのがインターネット上のフリーソフト(フリーウェア)です。

その多くは無料で提供されはしますが

・著作権表示を消さない。(削除が発覚すると罰金等)
・モディファイ(改変)・修正は、その旨連絡する、または認めない。
・無保証である。
・商用利用は有料、または認めない。

ことを主な使用条件としています。

法人がオリジナルの場合、
機能や使用期間を制限した形で提供し、解除の際は有料という場合も多いです。


おそらく多くの個人発案者は、
自分の意向に沿った上でこのフリーソフトのような条件が通れば
とりあえず満足するように勝手に想像しますが、いかがでしょう。

関連して少し前の記事


フライフィッシングにおいてはフライパターンというものがありますね。

確かに誰々が最初の1本を巻いたのでしょうが、文献などの紹介を読むと
「○○地方で開発され発展してきたパターン」という記述をよく見かけます。

これがオープンソースと同じことのように思います。

ところで、私は以前、かなり趣味性の強い車に乗っていました。
購入した時点で製造からおよそ30年が経過し、それから私が10年余り、
現在はまた他県にオーナーがおられます。

こういう車を所有して知ることは
各代オーナーがその都度手を加えることによって1台の車が存在し続けるということです。
無論、そうさせるだけの魅力がオリジナルに備わっていたという事でしょう。

車はメーカーがオリジナルであり、それは周知の事実、忘れられることはまずありえません。
保証、メンテナンスの必要性からもユーザーには意識され続けます。
釣具では竿やリールがこれと同じです。


メーカーは製造に費用を掛け、リスクも負い、保証もする。アフターフォローもする。
最低でも掛けた分の利益位はあってもおかしくはないのではないか、と考えるかもしれません。
しかしそれもこれも外部発案者の意向を無視しての無断利用だったとしたら・・。

もしそれが現実的に(法的に?)容認されるのだとすれば、
個人の発案者は、自分が発案者であることを出来る限り「早く広く」知らしめることが、
せめてもの主張のように思います。

※質問者さまもそういった現実、必要性を感じて質問を公開されているかと存じます。


釣具に限らず「無料・ネット公開 = 著作権放棄」と思い違いをする人はいます。
なので場合によっては公開しないことも判断ですね。


まあ、もしそんな商品が店頭に並んでいたとしたら、
私は、知っていれば買わないし、知らなかったら買うかもしれません。
あるいは確認して出直す。いや、その前に、自分で作ろうとするか。
それは個人の自由だが。


記事も受け売りですみません!


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!