カテゴリ内 現在表示中一覧

反射喰いと視蓋

<反射喰いと視蓋>
しがい。

フライが水面に落ちた瞬間、飛びつくってことありますよね。
あるいはカエルが動くものに飛びつく。

およそ脊椎動物には、
動く物体が視界に入ったときの伝達経路が2つあるそうです。


brain-sigai.jpg


@網膜 → 視神経 → (左右交叉) → 視索 → 大脳皮質の視覚野
A網膜 → 視神経 → (左右交叉) → 視索 → 中脳の視蓋(しがい)
※@とAは互いに連絡を取っているともされる。


人間は主に@。
魚類、両生類、爬虫類、鳥類はAが中心。

「主に」とか「中心」と書いたのは、
本来、脊椎動物は@とAの両経路とも持っていて、
生育や環境適応によって2つの割合が違うそうです。


渓流のニジマスやヤマメ、イワナ。
湖水のブラックバスとかブルーギル。
海だとメバルやヒラメなど。
比較的視界良好な水中にいて、上から落ちてくるもの、上を通るものを常食とするような魚。
こういう魚は視覚で餌を捕らえる事が多いので中脳が発達します。
(フライの巻き甲斐もあるというもの!)

私たちがこれらの魚を掛けるには、
@の伝達方式でAの反応に挑戦するということになりますが、
自然の摂理といいますか、当然Aのほうがスピードは速い。
なので仕掛けや技術で補って「釣れた!」ということになります。


例えば、合わせの練習。
他人に割り箸を落としてもらい、それをつかむ。
あれはAを呼び起こす訓練だろうか。

車を運転中、サンバイザーに掛けていた偏光グラスが突然落下し、
思わずそれをつかんでしまった。これはAではない?

ではこれはどうでしょう。

人間が事故等で大脳の視覚野が破壊されると@の欠損により目は見えなくなる。
しかし中脳の視蓋では見ていて、動くものを手でとらえることができる。

三つ目小僧を思い出しますね。


アクションと見切り



※柳澤桂子さんの書籍をおすすめします。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

地図と林道

<地図と林道>
B川を調査予定。


・地図上

map-rindou1.jpg


・予想

map-rindou2.jpg


幹線道路から林道Aに入り、赤いトラックの横道を、B川上流へ出る。
あとは行ってから。


渓流調査注意


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

指先より愛をこめて。

<指先より愛をこめて>
フォワードで肘を入れるとうまくいくって事ありますよね。

ティップ硬めの竿、あるいは短い竿に多いと思いますが。

肘を入れるということは、
フォワードへのタイミングをずらすと共に、
若干竿を寝かせた状態からそれを始めるということです。
まあ、竿がそうなら振り方を変えるのは当然。

逆転の発想・・

インデックスフィンガーなら人さし指、サムオントップなら親指。
これらの指は押すだけでなく、竿の傾斜も感じ取っています。
ならば振り方は変えずに、
グリップ形状を変更して指先をだますことはできないでしょうか?


grip-custum1.jpg
@上面に鉛筆で中心線を引く。
Aサイドに2本引く。


grip-custum2.jpg
B平ヤスリで平面にする。
C平ヤスリで深さを出していく。


grip-custum3.jpg
D同様に下面もいくらか修正する。
E目の細かいペーパーで仕上げる。
F残り線を消しゴムで消す。




完成
grip-custum4.jpg
自分が一番楽に振りこむことのできる竿を参考に。


近い内、調査に行きます。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。