カテゴリ内 現在表示中一覧

プレゼンテーション

<プレゼンテーション>
フライをどのように魚にさし出すか、それがプレゼンテーションです。

以下は私が以前から思っている事なんですが。

【プレゼンテーションA】
普通のキャスティングでのフライの落ち方は下の図のようになります。
(リーダーとティペットの組み方次第では変わる場合もあります)

pre-a.jpg
魚の位置はプレゼンテーション後の反応によるもの。

水平よりも高い角度からフライが飛んできて落ちています。
警戒心の強い魚や浅い場所ではこれによって魚が後ずさりします。

フライを変えて投げなおしても魚が沈んでいく一方とか
色んな意味で着水のインパクトが魚には強いようです。

※リーダーから先だけを水面に落とす事ができるのでしたら
 高い角度からでも釣れる可能性はありますが、場所を選びますし
 距離をつめてそれをやろうとするとテンカラと変わりません。


【プレゼンテーションB】
では、こちらはどうでしょう。

低いループで送り出して
ループ上面よりも低い位置から展開してパタンと落ちています。

pre-b.jpg
魚はむしろフライを見にきています。


私が知りうる実践における反応の違いです。
キャスティングもプレゼンテーションのために。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!