鹿児島県 蒲生 掛橋坂

<掛橋坂>
新聞に載って陽の目を浴びた坂です。
詳細な場所が分からずに行けていませんでした。

ACCS-kakehashi.jpg
駐車は地元の方に迷惑をかけないように願います。

距離的には短いです。
上半分が石段ですがこれがとても滑りやすくてヒヤヒヤします。
杖を持つか、脇の土手を歩くなどした方が安全です。
上りならそれほどでもありません。

坂の上(図でも上)に車を停めて坂を下ってまた上がってくるのが一般的なようですが
時間があれば下記のルートもいいかなと思いました。

坂の下に車を停めて小川沿いに歩き小さなT字路。
右手に白い杭の案内が見えるのでそちらへ。
掛橋坂を上がった後、道なりにR42まで出て神社の大イチョウを見て休憩。
そのまま右側通行で車に注意しながらR42を下りていく。
途中右手に下りる道があるのでそちらへ寄って川を越えるあたりで良い景色を眺める。(図参照)
R42へ戻って車まで。
どうでしょう。

石段の坂といえば、白銀坂龍門司坂があります。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

オセロゲーム

<オセロゲーム>
高田渡の『値上げ』という歌があります。
歌詞を置き換えてみました。

再稼働はぜんぜん考えぬ

年内 再稼働は考えぬ
当分 再稼働はありえない
極力 再稼働はおさえたい
今のところ 再稼働は見送りたい
すぐに 再稼働を認めない

再稼働があるとしても今ではない
なるべく再稼働は避けたい
再稼働をせざるを得ないという声もあるが
再稼働するかどうかは検討中である
再稼働も避けられないかもしれないが
まだまだ時期が早すぎる

再稼働の時期は考えたい
再稼働を認めたわけではない
すぐに再稼働はしたくない
再稼働には消極的であるが
年内 再稼働もやむを得ぬ
近く 再稼働もやむを得ぬ
再稼働もやむを得ぬ
再稼働に踏み切ろう。


黒も白になってきます。

2012年12月27日 川内原発の防災協定締結
川内原子力発電所から30キロ圏内にある6つの市と町が
原子力防災に関する協定を九州電力と結びました。
しかし再稼働や増設についてこれらの自治体の同意を求める内容は盛り込まれていません。

より川内原発に近い、いちき串木野市・阿久根市が未締結。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

共犯と逆転

<共犯と逆転>
共犯回転と記事にしてきましたが3度めの修正で、逆転です。

2回目の修正版を180度回転、つまり真逆になっています。
呼び方も修正版から総点検版という言葉に変わりました。

下の図は修正後です。(2012年12月13日発表)
sendai-plant121213.jpg

一週間で積算線量が100ミリシーベルトとなる、方角ごとの最も遠い地点。
数値は川内原発からの距離(Km)。

下の図は修正前です。(2012年10月29日発表)
sendai-plant121213-2.jpg

ヒューマンエラーだったと作業フローなど作っているが
県→九電→原子力規制委員会と末端からの問合せで
初めて気づくところにそのフローは有効なのか。
詳細はこちらへ。


2012年12月16日 第46回衆議院選挙-開票結果
自民党の圧勝。政権奪還。

自民党は「全原発の再稼働は3年以内に結論を出す」としている。

川内原発の周辺は大きな魚が釣れることで有名ですが
釣っても食べないのが暗黙の了解。(のはず)


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

共犯の回転

<共犯の回転>
昨日記事にしたばかりだったんですが
夜にはもう原子力規制委員会より修正が入りましたので。

川内原発の場合、拡散する方角を22.5度、左回りに回転させる修正。
これで最も遠くに拡散する方角が北北西(NNE)から北(N)へと変わりました。

下の図は修正後です。(2012年10月29日発表)
sendai-plant121029.jpg

下の図は修正前です。(2012年10月24日発表)
sendai-plant121024x.jpg

24日時点で試算は目安参考、限界あり、
でも妥当性の評価は高いという話でしたが・・妥当性も低かった。

逃げる方向(避難する場所)が間違っていた。
九電は事故はないと言い切っている。

他の原発の拡散シミュレーション(修正後)はこちらから。

後日、原子力規制委員会より再度修正が入りました。こちらの記事です。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

共犯

<共犯>
こういう記事はやめておくべきかなと一度削除をしたんですが。

先日、繁華街で「原発いらない」のシールを貼ったベビーカーを押している若い母親を見ました。
双子の赤ちゃんで、シールを1枚ずつ、2枚貼ってありました。
その光景を思い出したのでやはり載せることにします。

2012年10月24日 原子力規制委員会- 発表

sendai-plant121024x.jpg

一週間で積算線量が100ミリシーベルトとなる、方角ごとの最も遠い地点。
数値は川内原発からの距離(Km)。

試算は目安参考、限界あり、でも妥当という。


2012年10月28日 薩摩川内市長選- 開票結果

(当選) 44,816 岩切 秀雄 70 無現
       9,978 山口 陽規 59 無新

岩切氏は「国が安全を保証し、高い基準をクリアした原発は再稼働すべきだ」と。

当選すればそれが民意。
弱者は被災しても生殺し、被曝しても共犯か。


他の原発の拡散シミュレーション試算結果はこちらから。
原子力規制委員会より修正が入りました。修正後はこちらから。

原発にからみ以前こちらにも書きました。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

希釈

<希釈>
儲けは自分のポケットに。
責任は皆に分け与える。

事が起きれば問題を更に大きくして多くの人間を巻き込んで責任を薄める。

薄く薄くすればもう誰も問題にはしない。時が経てばなおさら。

組織も国も同じこと。
末端はおぼえのない責任を甘んじて受けることに慣れていく。

この国の人の組織を愛するということ。
組織に所属して安心する幸せ。
家族。

・・・


2012年10月16日
九州電力が川内原発は福島のようにはならないと言い切った日
高校生らが川の清掃をしていた。

こちらにも書きました。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!