ストリーマーの横倒れ

<ストリーマーの横倒れ>
いまさらという気もしますが。

海用にこんなフライを巻いたとします。
ヘッドはセメントで固めてあります。
st-laydown1.jpg

一見うまく泳ぎそうですが、引いてみると下のように泳ぐことがあります。
st-laydown2.jpg

これだとまったく釣れません。
マ、ッ、タ、ク、釣れません。

せっかく巻いたのに・・。

これをどうにか使えるようにできないかと現場で考えて
下側のマテリアルを切り取ると、余計に開いて、やっぱり横倒れ。

もし倒れなかったとしてもこのような理由で釣れません。
※フックが素針なら釣れる可能性は残ります。

魚の反応を呼ぶには上のマテリアルを取り除くのが唯一残された手かと。
それならまだ使い道があります。
st-laydown3.jpg

もともと、フライの構造が悪かったのではなくマテリアルの選択を間違ったということ。
迷うくらいなら上のマテリアルだけを付けた方がよっぽど釣れます。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

斬り込むキャスト

<斬り込むキャスト>
海では風向・風力が気になるところですが。

左から風が吹いている時。


wind-3q-cast.jpg

オーバーヘッドでキャストしようとすると(図左)、
風で流れたラインをバックキャストで補正しつつ、フォワードでもまた補正して、
結局シュートしてもうまくターンせず、疲れるばっかりです。


そこで最初から流される方へ竿を倒して振れば、動作がずっと楽になります。(図右)
ラインの作る面を傾けるということですね。
直進性が増し、ターンもしやすくなります。


風を正面に、肩から斬り込む感じになりますので
風下へ投げるという事とは違います。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

減水に伴うセイゴの位置変化

<減水に伴うセイゴの位置変化>
久々の図解になります。
釣りに行かないと書けませんね。

昨夜は満潮時間に合わせて早めに夕食をとり、釣り場へと向かいました。

1年以上行っていなかった港、スロープ付の舟溜まりです。
満潮から引き潮に向う際のセイゴの位置変化を描いてみます。

上が満潮時。下が潮の引きはじめ。
seigo-backslide1.jpg
seigo-backslide2.jpg

基本的に水深がなくなるにつれ、セイゴはそのまま後退します。
しかし中には後退しない魚もいて、そういうのは底に入ります。(A)

後退したBの魚は満潮時と同じ釣り方で問題なし。
潜ったAは少し我慢が必要で、フライの停止を長くとることになります。
フライを落とす場所、引く方向は以前の記事のとおり。
季節、場所、スズキの種も違いましたが同じことでした。

魚を見つけたら、この魚たちがどういう経緯で今ここにいるのか考えるのも悪くないですね。
今から喰い始めなのか、それともひとしきり喰った後の居残りなのか・・。


ところで、昨夜のベイトはカタクチイワシの仔、2.5cm。
フライが自重で沈み出すと喰わない。
奥さんは飛ばし浮きやジグヘッド単体で試しましたがダメとの事でした。
ルアーでは難しいかもしれません。(できてないだけか)

6フィート3番。
最後に奥さんがフライで掛けてメデタシめでたし。


こちらも合わせて。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。