飽きないローテーション

<ローテーション>
私はローテンション。

一つの群れが回っていて、まず1匹釣れたとします。

フライはそのまま。
1回のキャストで数匹は追っかけてくるわけですが、それを繰り返していると群れはスレてきます。
リトリーブを変えても追うのみで掛かるに至らず、はがゆい思いで時合が終わる。


ここで釣果の継続、あと一匹が欲しい時、どうしましょう。(うちは偶数匹が好ましい)


【1】フライをチェンジして「見た目」を変える。
   同じフライで追わなくなった時、フライをチェンジするとまた暫く復活します。

 (1)大きさを変える
    フライパターンはそのまま、大きさだけを変えてみる。
    大きくするとアピールできますが、フライパターンがシビアになります。
    小さくするとアピールは減りますが、見つけてくれれば喰いやすくなります。

 (2)フォルムを変える
    マテリアルのボリュームの違うものに変えてみる。
    太すぎても細すぎてもフライを見切ります。

 (3)色(トーン)を変える
    フライの部位の濃淡違いで変えてみる。
    カラー違いでマテリアルを持っていないといけません。

fly-rotation1.jpg



【2】システムをチェンジしてフライの泳ぐ「層」を変える。
   時間と共に水位が変わる時、それに伴って魚の泳ぐ層が変わってきます。
   魚と同じ層がいいのか、上か下か、それは魚種・フライ・ベイト・活性によります。
   基本的に現場の観察で判断します。

 (1)水面を泳がせる
    フローティングラインで引き波が出る程度に泳がせる。
    少し沈むラインでフライだけが浮く状態で泳がせる。

 (2)水面直下を泳がせる
    フライが人間から見える範囲で一定層を引いてくる。
    魚の挙動も見えます。フライがゆるやかに浮き上がると戻る場合が多い。

 (3)より深い層を泳がせる
    人間から見えない深さでフライを引いてきます。
    想像力を発揮、ラインで当たりを取る。

fly-rotation2.jpg


【1】〜【2】を試して、忘れた頃にまた最初に戻すローテーション。
ローテーションは必ずしも小さくしていく、深くしていくとは限りません。
フライ自体の動きが加わると更に幅が広がるのですが。

そして八方手をつくしてこれで終わりかなと思う頃・・ただ浮かべる。
できれば新しいフライで、一度水面を引いてシェイプを整え、
まだいくらか空気を含んだ状態で浮かべるのがいいです。
最近もこの方法で2匹追加しました。
ダメージを受けて弱った魚、喰われた残骸と考えます。


ローテーションは渓流や里川でも行います。
トラウトの場合は繰り返し追わせることに無理があるので
ローテーションは虫の種類、喰われる虫の状況を探るのが一番の目的となっています。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

不規則のアイデア(試験中)

<不規則のアイデア(試験中)>
まだ釣れていません。

ルアーやエギにはダートという動きがあるのですが
フライだと難しいので苦肉の策です。


BH-dirtswim.jpg

フック軸に下げた玉が振り子となって
水の抵抗をあっちからこっちから受けて
リトリーブすれば自動的にダートっぽい動きになることを確認しています。

玉の自由度とマテリアルの着け方。

しかし普通のフライフイッシャーマンの美意識からするとこれは・・。
利用試験継続中。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

冬のイケカツオは渓流なみだった。

<冬のイケカツオは渓流なみだった>
またお前かイケカツオ。

先日がんばって夜明けから調査してきました。
祝日だというのにフライマンはおろかルアーマンでさえ一人も見ませんでした。
どこにも魚っけがなかったです。

かろうじて帰りに寄った港で、5cmくらいのベイトが群れているのを見ました。
それに少しだけイケカツオがついていた模様。

堤防というのはだいたい同じような形をしています。
当然、投げるためには上に上がらないといけないのですが
この時は快晴で、立った時点で足元10m(ラインで15m)の範囲は魚に見られた気がします。

ikekatuo-winter1.jpg


結論から言うと、
20m先に流れができた時だけ、かつ表層でだけイケカツオは喰ってきました。
これはベイトが泳いでいる状態を意味していると思われます。

ともするとフライは流れに乗っている必要があり、
上流側に向って少し引き波を立てる程度にほとんどリトリーブの必要はありませんでした。

しかし堤防の高いところからこの状態をつくるのは渓流なみに難しい。
幸か不幸か風は後ろから吹いている。
ラインをフルに投げて堤防の高さ分を引いて、曲げる長さも確保。

最初から曲げて落とさないとフライは流れと並行には逆走しません。
メンディングは不可能です。

ikekatuo-winter2.jpg
よくある失敗例


ほとんど真横に立って、ライン先端を「くの字」。
着水の波紋が消えたらフライが浮いている内にラインを少し手繰る。
引き波を立てて「くの字」が取れるまでの間はイケカツオは難なく喰います。

ikekatuo-winter3.jpg

フライはベイトに合わせたストリーマー。
小さいフライは魚が見にこない。たぶん見つけられない。
ベイトとは合っていないが魚が多ければ喰ったかもしれない。

沈めるとストリーマーでも喰わない。追っても喰わない。
ヘタに追わせて10m範囲に入るとこちらを見られて、しばらく帰って来ない。
沈むラインだと表層の流れに合わない。


つまり、これと同じようなことを海でしないといけませんでした。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

電車結び(6) 8の字止め

<電車結び(6) 8の字止め>
電車シリーズおわりです。

抜け防止の一つ。

ラインで軽く8の字結びをし、出てきている先端に沿わせてリーダーを差込む。
そのまま8の字の結び目より上に持ってきて電車結び。
電車の結び目に瞬間接着剤を1滴。

Knot-train9.jpg

使っているうちに8の字がほどけてきたり、皮膜がやぶれてきたりします。
8の字をほどき電車の下でカットすれば通常の接続になります。

念の為にといった程度であまりおすすめはしません。



最初から読む


図解100達成です。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

電車結び(5) 表層一発

<電車結び(5) 表層一発>
ここから海が絡んできます。

前前の記事だと渓流や海の小物はいいですが
重い大きな魚になってくると抜けが心配です。

主に表層を引いて釣る時やスズキを釣る時などは下図のように接続します。

Knot-train8.jpg

ライン先端を折り返し、折り重なった部分をまとめて電車結び。
この時、リーダーは折り返してできた穴を通るようにします。
結び目に瞬間接着剤を1滴。

折り返しの先端が玉になって抜けにくいのと
その部分をリーダーがまたがることでショック緩和となります。

表層を速く引けば玉部で波が出ますので
視覚聴覚で反応する魚にはティーザー役にもなります。

繊細な釣りには向きません。

大きなフライで一発ドーン!
フローティングラインで。


つづく


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

袋小路とマルセイゴ

<袋小路とマルセイゴ>
立ち寄った港でライズをみつけ、2日後その確認に行ってきました。

10センチ大のベイトの群れにマルセイゴが着いていました。
マルセイゴとはマルスズキの幼魚(セイゴ)のことです。

セイゴが極浅い袋小路にベイトを追い詰めているとき、
フライはセイゴより手前に投げないといけないようです。

下図、緑色の円内。
それを越えて投げると、手前に来ても喰わない。

trap-maruseigo1.jpg

喰えないというべきか、岸側に溜めた群れだけに頭がいっている?

ここでインターミディエイトを含む沈むラインを使うと
水中に没したラインがベイトを散らし、
それを逃がすまいとセイゴも一緒に動いてしまいます。

常に追い払ったところにフライを通すことになります。


浅場ではフローティングラインを使用することによりベイトへの影響を極力おさえ、
リーダーの長さと太さでフライの沈み具合(というより浮き具合)を調整します。

trap-maruseigo2.jpg



ヒラは・・まだでした。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!