海のキャスティングで学んだこと

<海のキャスティングで学んだこと>
まったくもって自己流ですが。

渓流しか経験のなかった私がそのまま海でフライを投げた時
ほとんど足元しか狙えないことを知りました。(渓流が劣るということではない)

そこで考えたのは打点とラインスピードでした。
打点とはラインを打ち出す位置のことです。


Aへフライを飛ばしたいとき、
おのずとラインの進入角度というのは決まるものです。(赤線)

cast-sea-study1.jpg


直線で飛ばせればそれに越したことはありませんが
それには地面(水面)に落ちないだけの推進力が必要です。

一般的にはシューティングヘッドにすればいいです。
ヘッドに重さを持たせて飛ばすわけですからスピードもありますし
フォルスキャストもラインをさほど出さず、ヘッド部分だけを意識していればいいです。
さらにロッドを長くすれば、それが高い所で安全にできます。(たぶん)

しかし通常のフローティングラインだとどうでしょうか。
軽くて太くて空気抵抗があるラインです。
そのままではラインが長くなればなるほど失速して落ちぎみになってしまいます。
推進力から段々と引力に引かれていってしまうわけです。


そこでラインを落とさないための解決法として、2つ。
打点を上げる方法とラインスピードを上げる方法です。


【1】打点を上げる
   打点を上げれば、より高いところでラインは往復します。
   地面に落ちてくるまでの時間も稼げます。

  (1)長いロッドを使う
     振り方はそのままに竿を長くするだけで打点は高くなります。

cast-sea-study2.jpg



  (2)腕を上まであげる/上でとめる
     バックの打点は高くなり、ラインは高い角度で上がるのでやはり時間が稼げます。
     赤線の角度になったらフォワードに移ればいいです。 

cast-sea-study3.jpg



 この時の腕の高さです。

cast-sea-study4.jpg



 訓練しておかないと腕は伸びません。(特に中年以降)

cast-sea-study5.jpg



しかし赤線を守る以上、前方への打点はさほど変えられません。

cast-sea-study6.jpg

  ⇒連続写真


【2】ラインスピードを上げる
   スピードを上げれば、ラインは落ちにくくなります。

  (1)前後とも腕の上下運動をプラスしてホウルを短く強くする。
  (2)細いラインを使う。
  (3)良いロッドを使う。



海のキャスティングでは【1】【2】を合わせて行います。
当然、ロッドの選択も違ってきます。


湖のキャスティングも同じかな。
スクールでは普通に教えることかもしれません。

腕が上がるうちは太いラインでがんばります。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

ラインの乗りと沈下の狭間で(2)

<ラインの乗りと沈下の狭間で(2)>
前の記事、なぜそんな面倒なことをしているのか。

全体をインターミディエイトやタイプ2にすれば済むんじゃないのかと問われれば・・
”つないで引っ張ってくるだけの部分”はできるだけ水面に上げておきたいからです。

魚の直近までフローティングで行って、できるだけ短い距離で沈めてフライを見せたいわけです。



line-sinktip3.jpg

そう考えると、
先につけるのが#6のタイプ3ではなく、#7のタイプ4というのもご理解いただけるかと。


今回、私的にはかなり重要なことを書きました・・

あくまで私のスタイルです。
沈める層も浅ければ考えも浅いなあ、なんて言われそうですが
お気軽・お手軽が信条なのでですね。
海もサイトフィッシングが好きです。

中層以下、魚が上まで上がらない状況、上を見ていない魚、には
上図の下のように普通に沈めたほうが間違いありません。


池のブラックバス・ブルーギルも同じ考えでやってます。
普段は余程でない限り、#5の先には#4が付いてます。

おわり。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

ラインの乗りと沈下の狭間で(1)

<ラインの乗りと沈下の狭間で(1)>
私が海で一番苦労したのはライン構成でした。

プロフィールにはフローティングラインオンリーと書いていますが
メッキやセイゴの活性がいい時、ナブラの起きている時以外、
普段はフローティングの先にちょっとだけ沈むラインを付けています。

これはフライがすぐに水に馴染むようにというのが一番の目的で
#4ラインの先に#4のインターミディエイトを7.0メートルとか
#5ラインの先に#4のインターミディエイトが数メートルとか
#6ラインの先に#7のタイプ4が1.0〜1.5メートルとかです。

待ったとしても、ほとんど一度リトリーブすればフライが浮き上がって目で見えます。

line-sinktip1.jpg
あくまで個人的な一例として


私はこの・・先に何メートルを付けるのが適当か
を模索するのに相当の時間を要しました。
それはほとんどロッド一本一本に対して調べる必要がありました。

例として
#5のフローティングの先に、#7のタイプ4を付ける場合を考えます。
おそらくこの時、ロッドは#4-#5になります。(#5-#6ではありません)


・#7が1.0メートルのとき。
 ほとんどフローティングのみの時と同じ感覚でキャスティングができます。
 ラインは沈みませんが、フライだけは水面直下で最初のリトリーブから有効になります。
 使うのは、浅場で藻が水面まで浮き出ている時くらい。
 カマスも、いれば釣れます。現場で釣友もフローティングを取りに車に戻りました。

・#7が1.2メートルのとき。
 少しティップに変則的な重みを感じますが、まだキャスティングができます。
 着水後、フライがすぐに表層に入るようになります。
 普通のリトリーブならフライが水面に出てしまうことはありません。
 #7部分が流れに入ればフローティング部分も入っていきます。
 表層を釣るのにはこのあたりが便利かと。

・#7が3.0メートルのとき。
 それ相応のロッドでキャスティングフォームも変えて投げないとトラブルになります。
 フライと共にフローティングの先端部分も引きずって沈んでいくようになります。
 (流れの強さ・流れの向き・ラインの直径によって沈みが変わる)
 キャロライン方式にも通じるような釣り方になると思います。
 日の出と共に。

・#7が6.0メートルのとき。
 上記方法でもキャスティングが難しくなります。
 投げるとすれば、あまりラインを出さずにシュートをすれば、
 あとの#5部分も引っ張っていくので投げられなくもありません。
 着水後、#7部分だけが縦に折れ曲がって沈みだします。
 ある程度待って、そこから引いてくれば先端だけで駆け上がりをなめてくる事ができます。
 根魚も出ます。

line-sinktip2.jpg


ここから先を考えると、
フローティング部分を捨ててシューティングスタイルになっていくでしょう。

しかし、ちょっと待て・・
もしここでロッドを#6-#7に上げたとしましょう。

・#5の先に#7を7.0メートルにしたとき
 驚くほどスムーズにキャスティングができるようになります。
 ラインの沈みもあまり折れ曲がらずに沈下していくようになります。
 ある意味、一周回ってWF的な?


以上、私のシンクティップ変遷。
こんなの、誰の参考にもならないですね。


つづく


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

ナイトシーバスの集結

<ナイトシーバスの集結>
昨夜ちょっと堤防を見てきましたので書いておきます。

まだ少し早い時間から見ていました。
最初は水深が浅く、シーバスの影も見当たりませんでした。

時間が経つにつれて上げてきて
と同時に、暗い海と灯りのコントラストもはっきりしてきます。

で、どういう風に集まるものかと観察していると・・。

comein-seebass01.jpg

流れの向きに入ってきて、灯りの周りをぐるっと回って足元の影に入ってきます。
光を嫌う性質もあるんでしょうけど、直で入らず、偵察してから入るのが不思議。

つまり「泳いでたら明るい場所に当ったので、その影を探して入りまーす」という事なのか。
ほとんどの魚はこの入り方でした。

足元だけで大小10匹は集まりました。

その後、通常はこういう状況になるはずなんですが
残念ながらいまいち流れが緩慢で、ベイトが通らない、餌が流れない。
(あとで調べたら小潮、最干潮からの上げでした)

そうすると灯りの中に出て行って餌を探すのもいたり。

でもほとんどのシーバスは左右に巡回偵察するだけで、
口を使って何かを捕食しているような様子はありませんでした。

こんな状況をチャンスとみるか、それともフライにすれさせないために見送るか。

シーバス、シーバスと言っても・・
フライフィッシャーマンとしては”マッチ・ザ・ベイト”でしょう。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

岸壁のシーバス

<岸壁のシーバス>
そろそろナイトシーバスの時期です。

正直、個人的にはあまり面白みを覚えない釣りですが、
足元に浮いているのを”いっちょ掛けてみようか”といった感じ。

とりあえず海が荒れていなければ岸壁の暗がりに沢山のシーバスが待機しているのが見えます。

シーバスを始めた頃は
魚の向きに合わせて暗がりの境目をAのように引いたりしていましたが
これだと追尾はしますが、なかなか食い切りませんでした。

port-seabass1.jpg

岸壁に釣人が誰も立っていない時はAでも食うことがありますが
人の多い場所なのでそういうことは年に何回もありません。

数日、竿を持たずに観察だけに寄りました。

岸壁に沿って潮が流れるとき、イワシなどの群れが表層を泳ぎます。
シーバスはこれらの魚が岸壁に向って泳いだ時にだけ出て行って捕食しようとします。
その駆け引きは見ていて面白いです。

port-seabass2.jpg

サバなどを遠めに掛けて足元に寄せてくる時、シーバスはこれにも食いつきます。
(私の奥さんなどはこれを怖がってサバを抜き上げます)

ベイトの動きに合わせて図のB〜Cのように引いてくると反応がまったく違います。
当たり前と言えば当り前ですが。
スピードはB、C共にベイトよりも早め早め。

バチが食われている時は水面でバコン!バコン!と遠くからでも聞こえます。
その時はBを短くCを長めにしてスピードも漂う感じにゆっくりです。
早合わせはフッキングの確率を下げます。

夏場はサンダル、Tシャツ、短パン。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

番手の選択(1)

<番手の選択(1)>
ここでの番手とはフライフィッシングで使うラインとロッドの番号のことです。

まず”ラインありき”です。
ラインの番手は先端の重さで番号(#)がつけられていて
そのラインと同じ番号の書かれたロッドを用意して使います。

長さでもなく、太さでもなく、重さで決められているので
低い番手の(軽い)ラインをうまく飛ばすのには細い繊細な竿になってきます。
高い番手の(重い)ラインをうまく飛ばすのには太めの強い竿になってきます。
ですがこれはそのライン先端を飛ばせるというだけの話。

現実的な話を。
#3とか#4で60cmのスズキを釣りたいとき
その竿で引き寄せられるのかという問題があります。
#3でも#4でもラインが切れるとは思いません。
切れるとすれば先糸のほうでしょう。
先糸は経験でクリアするとして実際の問題はロッドの強さです。

いつだったか汽水域でお客を連れたガイドの人に会ったとき
「#4じゃシーバス無理ですよ」と目の前をジャブジャブされたことがありました。
私はそのあと、その場所で#4−5のロッドで60upを何本も引き寄せました。

この違いはつまり、こういうことです。
ラインとロッドにも同じ番手で製品によって様々あります。
さらにはラインとロッドのマッチングで
飛んだり飛ばなかったり、引き寄せられたり無理だったり。
それぞれ何本買えば当りが出るんでしょうか。
個人のキャスティングスタイルもありますし。

なので、さらに現実的な話。
持ってるラインに合わせてロッドを改造する。
持ってるロッドに合わせてライン構成を捏造する。
病気です。
放っておいても魚をぶらさげてきます。

つまりラインとロッドの番号マッチング方式は釣りを制限しているとも言えます。

渓流では魚を引き寄せるのに#2も#4もたいして問題にはなりませんが
フライをくわえさせるのには低い番手のほうがいいです。

一般的には下の図のような目安になると思います。

bante-select.jpg

海ではできるだけ番手を抑えた中で引き寄せられるだけの竿を選びます。
私はどんな魚がいるか分からない時もとりあえず低い番手で場を見ます。

当たり前のようですが・・
目的の魚を引き寄せることができてラインの扱いやすい番手を選ぶ。

大は小を兼ねるという考え方はちょっと・・ですね。
疲れますし、釣り味としてもですね。

半面教師として間違った使い方を書きます。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!