1-30 愛器

aria-400s1.jpgaria-400s3.jpgaria-400s2.jpg
マツモク工業製 Aria
MODEL NO.400S EARLY 70s
GIBSON ES-175D COPY 訴訟ギター


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

【1CD】 DAVID BOWIE 追悼


2016年1月10日。69歳。

音楽・アートシーンに多大なる影響を与えてきました。
これほど美しく歳をとったシンガーを私は知りません。

1cd-ZIGGY.jpg
Ziggy Stardust
(The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars)

このアルバムが一つの宇宙。
72年ツアーは映像、CDになっています。
73年に初来日。

私にとっては青春時代から今日まで
ずっと現在進行形の人で。

90年の来日公演アンコールより。


訃報を聞いたあとの虚脱感で
存在の大きさを知りますね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

【1CD】 吉田美奈子

1cd-YOSHIDA.jpg
1st 扉の冬

アナログでは聴いたこと、ありませんでした。
名前を知った頃にはもう手の届かないような価格でしたので。

荒井由実のバックをつとめていたキャラメルママが
当アルバムにも同様にということでしたので期待してCDを購入したのですが。

この時代の女子大生あたりの心理近況というのかな。
おそらくそういうところが凝縮されていて評価されているのだと思いますが、
正直、キャンパスライフのようなものも知らない僕には分かりませんでした。

歌詞の内容はとらえていると思うんですが、
そうするとなんだかドライフラワーを見るようなアルバムで。
金井美恵子という作家を思い出したり。

すみません。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

盲目のウィリー

<盲目のウィリー>
痛ましい事件。

母親と彼氏がホテルに滞在中、覚醒剤中毒で三ヶ月の赤ん坊が命を終えている。
この話を聞いて思い出しました。

ブラインド・ウィリー・ジョンソン(Blind Willie Johnson)。
名前の通り盲目で、フォークブルースをやった人です。

ひどいガラガラ声で聴くに耐えないという方もおられるかもしれませんが、
しかし一旦この声を受け入れてしまうと心地よささえ覚えてしまうのが不思議。

録音されたものの中には数曲、バックで女性が歌っているものもあります。
その掛け合いがなんともいい雰囲気。
僕はこの女性に敬意を表さずにおられません。

The Soul of a Man

Won't somebody tell me, answer if you can!
誰か教えてくれ。もし答えられるなら。

ウィリーは生まれながらにして盲目だったわけではありません。
小さい頃、義母と父親が喧嘩をして、洗剤だか何かが目に入ってしまったらしい。
目のつぶれた彼はその後、貧しい生活をしながら宣教師として教会や道端で歌い続けます。
48歳で亡くなっています。


かのジミ・ヘンドリックスが、
道端でブルースを弾いてるような男になるのが夢だと言っていたのは、
もしかしたら盲目のウィリーのことを言っていたのかもしれませんね。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

【1CD】 George Winston

1cd-WINSTON.jpg
AUTUMN

秋といっても晩秋に近いかもしれません。

私がCDというものを買った2枚目だと思います。
当時、ACジャパンのBGMに使われていました。

どうしてこれほど長く日本人に親しまれるのか・・
日本の風景に合うからではないでしょうか?

四季の移り変わりをメロディーにしたような。
なんとなく童謡のようなテンポもあったり。

つまり、そういうところをくすぐるんでしょう。

奥さんはコンサートで眠ってしまったと言っていました。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

【1CD】 "時計じかけのオレンジ" OST

1cd-ORANGE.jpg
CLOCKWORK ORANGE

少年犯罪を扱った映画です。
この国においてまったく他人事ではありませんが。


「ロボトミー手術」というのを聞いたことがあるでしょうか。

精神的に問題のある(と思われる)人間の頭に穴を開けるなどして、
長いメスを差し入れ脳の一部を切断するという手術です。
昭和の日本でも行われていました。
精神的にというよりも脳神経的に連絡を断つということでしょうね。

これにより人格が転換する人、廃人となる人。
ある者は半強制的にこの手術を施され、
後遺症に苦しみながら殺人事件を起したりもしました。
もちろん現在では行われていません。

映画の中にも少年の人格を矯正するシーンが出てきます。
その方法は強制的に目を開けられ映像を延々見せられる。
マインドコントロールに近いのでしょうか。

この少年が熱狂的に好きなのがベートーベンの交響曲第9番、いわゆる第九でした。
私は以前よりLPでカラヤンの第九などを聴いていたのですが
この映画を観てOSTを買い求めてしまいました。

第九、ウイリアム・テル、威風堂々などの有名曲が
当時珍しかったシンセサイザーで奏でられます。

演奏者はウォルター・カーロス。
女性に性転換してウェンディ・カーロス。

大変 vivid であります。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!