牟礼ヶ岡レポート(19) 【話】兵六妖怪地図(私家版)

<兵六妖怪地図>
ひょうろく。

鹿児島の銘菓に「兵六餅」というのがあります。
箱の中にキャラメル大の四角い団子がたくさん入ってまして
鹿児島の人間なら誰でも幼い頃から食べ親しんでいると思われます。

土産品店には必ず置いてありますので、来鹿の際には是非。
美味しいですよ。


『大石兵六夢物語』

昔、鹿児島で書かれた妖怪退治のお話です。

菓子の箱に描かれているのはその一場面でありまして、
この菓子を製造するセイカ食品が物語の「絵巻」を所蔵することに由来すると思われます。

ところで、どういうわけかこの物語、
このブログにも書いた東目筋(大口筋)上で展開されるのでありまして。


最近になり、運良くこの物語の書籍が手に入りましたので
今回、思い切って兵六の進んだ路を地図に示してみる事にしました。

ただし土地鑑のある者からすると、原文・現代語訳を読むに、
話の運びがいささか不自然・不明瞭と思われる部分があります。
特に関屋谷を出る辺りから帰路の道筋。

元来フィクションでありますし、著者は城下の人であったようですから
話自体、友人から聞いた地名・風土をもって創造されていたと考えれば
私もやはり、時代考証を含め、一部想像の助けを借りて製作するほかありませんでした。
その点どうぞご了承の程を。


現地調査、古地図、郷土史、近隣住人への聞き取りによる
「兵六妖怪地図」。



Hyoroku-MonsterMAP.jpg
牟礼ヶ岡は現在、猪・狸は勿論のこと、猿もまだいるらしい。


兵六夢物語と心岳寺について。

1599(慶長4)年:心岳寺建立(竜水山心岳寺)
1784(天明4)年:大石兵六夢物語(毛利正直 著)
1868(明治0)年:廃仏毀釈により心岳寺焼却
1870(明治3)年:平松神社として再建(平松稲荷神社)

毛利氏が書いたのが心岳寺建立の約200年後です。
物語は心岳寺建立の約30年後(寛永はじめ)の話として設定されています。
尚、この「夢物語」は毛利氏のオリジナルではなく、その前に「絵巻」なるものがあり、
そのどちらの形態でも幾つかのバージョンがあるそうです。

毛利氏も「心岳寺詣り」の経験があるのではないかと私は推測していますが
現在の平松神社に参りますと、物語中に出てきた
蛇の巻柱、とかぎり(トカゲ)の巻竜、野狐、老比丘、手水鉢など
これら髣髴とさせるようなものが多く境内に見られます。(写真


薩摩の"ぼっけもん"が書いた高野聖みたいなものかな。
ずいぶんと洒落がきいています。


伊牟田經久先生に感謝いたします。



牟礼ヶ岡レポート


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

牟礼ヶ岡レポート(1) 【私】はじめに

<はじめに>
これは鹿児島市北部の牟礼ヶ岡についてまとめたレポートです。
私は私のidentityとして、このレポートを書きました。



目次

おおまかな紹介。

•牟礼ヶ岡レポート(1) 【私】はじめに
•牟礼ヶ岡レポート(2) 【山】牟礼ヶ岡



水の話です。
牟礼ヶ岡に端を発する水のゆくえ。

•牟礼ヶ岡レポート(3) 【水】稲荷川へ 源流 アベ木川
•牟礼ヶ岡レポート(4) 【水】稲荷川へ 源流 牟礼谷川
•牟礼ヶ岡レポート(5) 【水】海へ 稲荷川
•牟礼ヶ岡レポート(6) 【水】竜ヶ水へ
•牟礼ヶ岡レポート(7) 【食】竜ヶ水そば
•牟礼ヶ岡レポート(8) 【水】重富へ
•牟礼ヶ岡レポート(9) 【森】水源涵養林



道の話です。
牟礼ヶ岡一帯に現存する江戸時代の道の跡。

•牟礼ヶ岡レポート(10)【道】東目筋(大口筋)
•牟礼ヶ岡レポート(11)【道】東目筋 龍門司坂
•牟礼ヶ岡レポート(12)【道】東目筋 関屋谷(1)
•牟礼ヶ岡レポート(13)【道】東目筋 関屋谷(2)
•牟礼ヶ岡レポート(14)【道】東目筋 関屋谷(3)
•牟礼ヶ岡レポート(15)【村】山村の風景
•牟礼ヶ岡レポート(16)【道】東目筋 関屋谷を出て白銀坂の下り口へ
•牟礼ヶ岡レポート(17)【道】東目筋 白銀坂



牟礼ヶ岡の現状と詳しいアクセス方法です。
•牟礼ヶ岡レポート(18)【風】牟礼ヶ岡ウインドファーム



牟礼ヶ岡一帯が舞台となる『大石兵六夢物語』について。
•牟礼ヶ岡レポート(19)【話】兵六妖怪地図(私家版)



muretani-tmb.jpg
”願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ”



次へ


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

牟礼ヶ岡レポート(2) 【山】牟礼ヶ岡

<牟礼ヶ岡>
牟礼ヶ岡は鹿児島に住んでいる人でも
それほど知っているわけではないと思いますので
牟礼ヶ岡の所在について少しふれておきます。

牟礼ヶ岡は鹿児島市吉野町の奥、更に一段高い所にある山です。
住所としては現在は鹿児島市宮之浦町になりますが
以前は主に鹿児島郡吉田町宮之浦であった場所です。

遠く感じるようですが鹿児島市内から30分程度の距離にあります。
周辺には島津ゴルフ場、三井NT(宮之浦団地)、寺山などがあります。

子供の頃に昆虫採集に行かれた方も多いかもしれませんね。

「牟礼ヶ岡」の表記が多いですが本来は「牟礼ヶ丘」と思っています。
muregaoka-map.jpg

次から牟礼ヶ岡周辺の「水の話し」を始めます。

水は上から下へ。
話しは上流から下流へ進みます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

牟礼ヶ岡レポート(3) 【水】稲荷川へ 源流 アベ木川

<稲荷川へ 源流 アベ木川>
アベ木川。
「アベ」は木へんに青のような字です。

牟礼ヶ岡の北西部の水を集めます。

島津ゴルフ場入口ゲートの少し手前、
旧「奥吉野島津の森」の谷下へ流れ出ていたのがアベ木川の最源流です。
島津の森にはソーメン流しなどがありましたが現在は閉鎖中で看板だけが残っています。
ちなみにここから牟礼ヶ岡への登山道に入ると途中で何度か水を渡ります。

水は島津興業山林部の事務所の下に流れ出て赤滝を落ちます。
(赤滝の横に朽ちた東屋が残っていますが行くのは危険)
滝下で三井NTの崖下を沿って流れ、岩盤から出た水と一つの湧水を加えます。
岩盤からの水は時々汲みに来られる方がいらっしゃいます。

そこから新日本科学の下、倉谷地区の田んぼを通り
更に別の一本の流れを加え高速道路下をくぐって宮小学校下に出ます。

ここで宮小学校横の流れと合流。
竹やぶの中の大堰堤を落ちて宮八幡神社の前の三叉路のところに出ます。

ところで、このアベ木川は近ごろ建てられた看板では「稲荷川水系稲荷川」となっています。
つまりこの川が祇園之洲や石橋公園に流れ出る稲荷川の正式な源流という認識ですね。

源流の詳しい定義は知りませんが
どれが源流なのかは今や水量などでは判断できないのが現実でしょう。

実地調査による図。
abeki-riv.jpg
山太郎ガニ、メダカ、カワムツなどがいます。小魚を狙う鳥もよく見かけます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。



−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

牟礼ヶ岡レポート(4) 【水】稲荷川へ 源流 牟礼谷川

<稲荷川へ 源流 牟礼谷川>
牟礼谷川。
「牟礼谷」は単独ではムレンタイ。

牟礼ヶ岡の南東〜西部の水を集めます。
個人的には、稲荷川のもう一つの源流と思っています。

三州原学園から三井NT方向へ進んだ先、
ヘアピンカーブ(旧、市と群の堺)の林道ゲート方向から
道路の下をくぐって出てくるのが牟礼谷川の最源流。
この水は更に上流部で昔から付近集落へも引かれています。
少し下流には昔の水汲み場の跡もあります。

そこから関屋谷の谷下を通りながら数本の流れを加えます。
この時点で更に別の集落にも水が引かれています。

その後、前迫地区の田んぼを通り
吉田IC前で道路下をくぐり宮八幡神社の前の三叉路へ出ます。

実地調査による図。
muretani-riv.jpg
ホタル、タカハヤ、カワムツ、鯉、スッポンなどがいます。

この牟礼谷川は「関屋谷」という地域を流れる川です。
この地域は歴史的にも興味深い場所ですので別途、後で書きます。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP! 

牟礼ヶ岡レポート(5) 【水】海へ 稲荷川

<海へ 稲荷川>
実地調査による図。
inari-riv.JPG
中流域にはカワムツ、鯉などがいます。カモの親子連れもいます。

吉田インターチェンジ横の宮八幡神社の前で
前述のアベ木川と牟礼谷川が合流します。
(図のAとB)

どちらの源流も牟礼ヶ岡に端を発する川でした。
私としてはここからが稲荷川と思っています。

合流後は高速道路下を縫って流れ
合鴨農法で有名な下田の田んぼ、巌洞(ガンドウ)、実方橋などを通って行きます。

そこから落差をつけて滝之神の谷間に落ちます。
かつてはこの付近にソーメン流しもありました。

稲荷町、清水町へ出て石橋公園横、祇園ノ洲、錦江湾へと注ぎます。
河口にはいろんな海の魚がいます。

牟礼ヶ岡と離れましたので次でまた戻します。

次へ

牟礼ヶ岡の詳しいアクセス方法はこちら。


−−−−−−−−−−−−−−
 ブログ村のカテゴリへ JUMP!